2013年7月3日

カテゴリー:生徒さん・患者さんのご感想

●育ち盛りの子には、お肉やお魚をたくさん食べさせなきゃ!

こんにちは。キンロス一美です。

私のレッスンやセミナーに来てくださる方々の悩みは、コレステロール、ホルモン、体調、自律神経、更年期障害、などが多いです。

あとは、アレルギー。

そんな中、育ち盛りのお子さんのことを考えて、5月の日本セミナーに参加してくださった方が、おられます。

セミナー直後にいただいたご感想は、

育ち盛りの子がいるので、お肉やお魚をたくさん食べさせなきゃ!とずっと思っていました。

それが、セミナーで、単に量を食べさせるのではなく、質で選んで食す、と改めて思い知りました。

油を使っても安全な調理法も、とてもおいしそうな案を教えていただきました。

食べること、作ることが、より楽しくなれそうです。

家に帰って調理するのが、楽しみです。

確かに、成長期のお子さん、特に食べ盛りの男の子は、エネルギー源も、蛋白質も、たっぷり必要ですものね。

いやいや、女の子だって、あなどれません!!?

ちなみに、うちの娘は、小学校高学年に、それこそ、馬のように、モリモリ食べました。

さてさて、エネルギー源として、手っ取り早いのは、砂糖!

ティーンの男の子って、ソフト・ドリンク、しかもカフェイン入りのソフト・ドリンクが、大好きじゃないでしょうか?

私が言いたい「質の良さ」を集約すると、次の3点です。

・血糖値を上げ過ぎない。

・添加物まみれになっていない。

・飽和脂肪酸の摂りすぎにならず、不飽和脂肪酸、中でもω3を、相対的に多く摂れる。

この方は、そういうことも含めて、

よし、やるぞ!

みたいな気持ちになって、極めて具体的なヒントを持ち帰ってくださったんだ、良かった良かった、と喜んでいたんです。

ところが・・・少し経ってから、あれれ、っていうメッセージが届きました。他の方にも、充分、そういうことが起こり得るはず!

一体どうしてしまわれたのか、そしてそれは、収集がついたのか。。

金曜日の無料メール塾で、解明しますよ♪

【関連記事】

ロンドン全域(フィンチリー、イーリング、グロスター・ロード、ドックランド、ハムステッド等)、ロンドン郊外(キングストン、リッチモンド、ステインズ、ウインブルドン、ブラックネル等)、ロンドン圏外(バーミンガム、ケンブリッジ、ブライトン、シャフツベリー、スコットランド、ドイツ等)からも、お越し頂いています。


コメントは受け付けていません。 | 作成者 : キンロス一美