2013年6月14日

カテゴリー:生徒さん・患者さんのご感想

●果たして、それで良いのだろうか?

こんにちは。自然療法の栄養セラピスト、キンロス一美(Kazumi Kinross-M)です。

メニューを考えたり、実際に料理している時、

「果たして、こういう食事で良いのだろうか。」

と、ふと、ぢっと手を見る・・・みたいなこと、ありませんか?

(参考:はたらけど. はたらけど猶わが生活楽にならざり。ぢっと手を見る。 石川啄木)

東京セミナーにご参加頂いた、ちはるさんも、どうやら、そんなご経験があったみたいなんですが、今はもう、違います!

セミナーのおかげで、肉<魚<野菜メインの食生活を送っているので、果たして、それで良いのだろうか、という疑問がはらわれた気がします。

家族にもお客様にも、これで自信を持って、自分の料理が出せると思います。

あまりキツキツにしたくないし、たまに外食もあるだろうし、補う食事の仕方や、食材の利点や特性のお話を、くわしく聞けたことも、とても参考になって良かったです。

これからも信念を持って、続けて行けます。ありがとうございました。

セミナーがお役にたったようで、良かったです!!!

(あ、でも、食材を切る時は、これからも、ぢっと手を見ておいて欲しいですが。。)

さて、ちはるさんは、セミナーの直後、ご自身のブログに、私が言いたかったことを、ご自分の言葉で、見事に整理してくださっています。

もうもう、まさしく、私が言いたいことを、ズバリ!と書いてくださって、感激の嵐なんです。以下、抜粋して紹介させてくださいね。

食事に関して、頑なな考えを持たずに、色んな知識を持っておけば、羽目を外した食事をしてもカバーできるし、食事そのものを楽しみましょう、と教えていただきました。

様々な食べ方のいいとこどりをして、薬ではない安全な食べ物で、健康な体づくりを美味しく楽しみましょう♪

様々な意見や情報、一般論など、気にせず、とらわれないことができると思いました。

ちゃんと伝わっている~・・・物凄くうれしいです!

そんな、ちはるさんのブログは、こちらです。^^

そうそう、ちはるさんのお仕事とご興味にピッタリのショーに、つい先日、行って来たんです。近日中に、そのこと、書きますのでね。

【関連記事】

ロンドン全域(フィンチリー、イーリング、グロスター・ロード、ドックランド、ハムステッド等)、ロンドン郊外(キングストン、リッチモンド、ステインズ、ウインブルドン、ブラックネル等)、ロンドン圏外(バーミンガム、ケンブリッジ、ブライトン、シャフツベリー、スコットランド、ドイツ等)からも、お越し頂いています。


コメントは受け付けていません。 | 作成者 : キンロス一美