2013年1月31日

カテゴリー:生徒さん・患者さんのご感想

●宴会資金、貯まりそう!?

こんにちは。自然療法の栄養セラピスト、キンロス一美です。

昨日の、イギリス版、新春特別セミナー「太る心配も、成人病になる心配も無く、美味しいものを楽しむ方法」は、おかげ様で、無事、完了しました。

自然療法の栄養セラピー。自分に合った食べ方を見つけて、病気知らず!

参加者の皆さま、おかげ様で、活気あふれるレッスンとなりました。有難うございます!

雪が降らなくて、本当に良かった・・・。

さて、タイトルとの関係なのですが、今回より、私のことを「先生」と呼ぶ方から、罰金を徴収し(!)、宴会資金として、貯金することに、決定しました(よね?!)♪

何故、先生と、呼ばないで欲しいのか、の理由ですが、

・イギリスでは、どんな偉い先生でも、ファーストネームで、呼ぶ。

というのもあるのですが、私が栄養セラピストになった、経緯に、深く、関係します。

実は、自分自身の体調不良を、何とか、食の工夫で治したい、と、必死で、試行錯誤し始めたのがきっかけで、気づいたら、この道に入っていたんです。

先生になろう、と志したのでは、無いんです。

イギリスに来て、すぐ、発生した、関節痛と、胃もたれが、処方薬では、全く、治らなかったんです。

明日起きたら、治ってるといいな、なんて、祈る気持ちでベッドに入るんだけれど、翌朝も、やっぱり、ギシギシ痛む、手指の関節。毎朝、泣きそう・・・。

せっかく、お友達が、ガストロ・パブに連れて行ってくれても、胃もたれで、スターターを食べるのが、やっと。

イギリスに嫁に来て、幸せになるはずが、情けなくて、悲しくて、一生、こんなだったら、どうしよう、と、悩みに悩みました。

それが、ふとしたことで、食べ物の工夫で、まず、関節痛が、飛んで行きました!あっと言う間に!!

食べ物が大切なんだ、と、やっと気付き、もう一つの症状、胃もたれも、食事法で解決したい、と、模索を始めました。

当時は、「栄養セラピスト」という職業があることも、知りませんし、文字通りの、暗中模索。

そして、遠回りをしました・・・マクロビオティックを学ぶことから始め、ヨーロッパ薬膳、栄養医学、自然療法・・・。

肝心の胃もたれは、その「旅」の中で、何とか、解決しました。

でも、手強かったです。かなり、時間がかかりました。

今なら、もっと早く、何とかできたに違いない、と思うんです。

このブログや、無料メール塾を読んでくださったり、自宅塾、個人相談、セミナーに来てくださる方々は、体調の管理を、日々の食事で、何とかしたい、という方々ですよね?

あの頃の私と一緒!

だから、そういう方々とは、「同志」みたいな感覚でいます。

「同志」の方々が、食事の工夫で、体調管理できるように、お手伝いして行くのが、私のミッションだ、と思っております。

従って、「先生」ではなくて、「同志」と呼んでほしい、

いや、違う、違う、違う。∑(゚Д゚)

普通に、名前で呼んで欲しい、という訳なのです。

ところで、昨日ご参加の、MI様、何度も、「先生」と言ってくださいましたよね。

有難うございます。(^ε^)♪

後ほど、罰金回収にうかがいますので、よろしくお願いします。

そうそう、他にも、私のことを「先生」と、頻繁に呼んでくださる、YNさんや、RTさんなどの方々も、次回から、たっぷり、ご協力いただけそうですね。いひひ。。!?!

いや、悪い冗談、失礼しました!罰金集めたり、しませんけれどね、「同志」で、行ってくださいね!!よろしくお願いします♪

自然療法の栄養セラピー。自分に合った食べ方を見つけて、病気知らず!

※クイズ:上の写真と、下の写真、どこが、どう、違うでしょう?!?(どっちも、ボケボケで、申し訳ない。。)

【関連記事】

ロンドン全域(フィンチリー、イーリング、グロスター・ロード、ドックランド、ハムステッド等)、ロンドン郊外(キングストン、リッチモンド、ステインズ、ウインブルドン、ブラックネル等)、ロンドン圏外(バーミンガム、ケンブリッジ、ブライトン、シャフツベリー、スコットランド、ドイツ等)からも、お越し頂いています。


コメントは受け付けていません。 | 作成者 : キンロス一美