2012年11月20日

カテゴリー:生徒さん・患者さんのご感想

●「お菓子やパンを適当に口に放り込んで」っていう雰囲気、すっごく判る!!

こんにちは。自然療法の栄養セラピスト、キンロス一美(Kazumi Kinross-M, BA, Dip.CNM)です。

今回は、東京でのセミナーにお越しくださる、MIさんの声を、紹介します。

セミナーに申し込んだのは、

「一生、太らないし、成人病にもならない体が、手にはいります。」

これ、まさに今知りたい!と思ったからです。

昨年の春に初めて出産しまして、現在娘は保育園、私は自宅でフリーランスのWebデザイナー(兼、仕事は少ないものの、絵本のお話作家も)をしていて、仕事が忙しいと、お迎えの時以外は、外に出られなくなるのが、ストレスです。

自分一人の昼間は、お菓子やパンを適当に口に放り込んで、お昼代わりにしてしまってます。

まだ授乳中なので、それをいいことに口寂しくなると食べるくせがついてしまって、気付くと身体がみしっと重くなっていました。

「このままじゃいけないよな~」

とは思うものの、日常の料理は行き当たりばったりです。

甘いものも、なかなかやめられず…。

フェイスブックで、友人のところから、佳豆美さんのところに飛んで行き、ブログにたどりつきました。

何気ない記事もおもしろくて、読むのを楽しみにしていたところでした。

そんなところに、今回のセミナーのお知らせは、知りたかったことばかりでした。

それと、

新しい知識にふれたい、

日頃お会いしたことのない人とも出会う機会がほしい、

(要は、なにか刺激がほしい!)

という気持ちもあります。

★MIさんへの、私からのお返事です。

・仕事が忙しい
・自分ひとりだけ

っていう、二条件が揃うと、昼食は、「ま、いっか系」になってしまいますよね。

「お菓子やパンを適当に口に放り込んで」っていう雰囲気、すっごく判る!!

ただ、うちは、夫が弁当を持って行く(嫌がるのを、無理矢理、押し付けてる訳では無いですよ!持って行きたい、と言うんです!!)ので、一緒に私の分も作って、それを食べることに、しています。

味見も出来るし、一石二鳥♪

でも、つい先日まで、長期出張で、夫不在。

・・・となると、弁当を作らないので、昼食、困窮しました!

どうせ一人だものね、それに、一食抜いても、どうってことないし、なぁ~んていうマインドになるし。

しかし、これではイカン、と自分を叱咤激励して、ちょちょっと作るようになりました。残り物の寄せ集めみたいな感じかな。

恥を忍んで、じゃあ、ある日の「ちょちょっと昼食」を、見せましょうか?$自然療法の栄養セラピー。自分に合った食べ方を見つけて、病気知らず!

・玄米蓮の実ご飯:たまたま玄米で、たまたま蓮の実が、入っています。一回当り、二合炊くと、一人だと、2.5日分は、ある♪(写っているのは、前日に炊いたもの。)

*ゆで卵(茶色いのは、醤油)

*セロリ&若布(&チリ少し)を、塩味でサッと蒸し、オリーブ油を絡めたもの

*人参とパースニップ(砂糖人参。牛蒡が無いので、その代わり)のキンピラ

・プチトマト:温室で、今頃、真っ赤になってるのを。。

(作ったのは、*の3品を、同時進行で=15~20分。)

えぇ~、こんなん食べてるのぉ~って、がっかりさせたら、すみません・・・。

これでも、自分としては、なかなか考えられた、一人昼食、なんて、悦に言っておりますのです。。(^▽^;)

そうそう、私、卵、食べるんですよ。一週間に一個、とか、そんなレベルですけれど、蛋白質源として、かなり便利な素材なので、常食しなければ、問題無かろう、と思っています。但し、フリーレンジ(放し飼い)ものです。

セミナーでは、じゃあ、一人ランチを、手間をかけずに、どう工夫するか、のヒント、出しますね。簡単なことですので。

それでは、お目にかかるの、楽しみにしています。

・・・授乳中なのに、来てくださるんですね・・・お子様に、ママに楽しんでもらうように努力するので、我慢してね、と、くれぐれも、よろしくお伝えください。^^

【関連記事】

コメントは受け付けていません。 | 作成者 : キンロス一美