2012年2月12日

カテゴリー:生徒さん・患者さんのご感想

こんにちは。キンロス一美です。

腰痛無しで目覚められた、昨日は、自宅塾=「美味しく食べて、病気予防しよう塾」の日。この日は、モジュール1「食べ方の、基本の基本」。寒くて凍て付いた朝・・・車も、氷でガチガチ。皆さん、車や電車、大丈夫かな、、、と気を揉んだのは、杞憂でした。

日本人女子が、6名集まると、もう、それだけで、楽しい\(^_^)/

・・・帰られてから、ふと我に返って、

あれ?楽しんだのは、私だけだったりして??? f^_^;

と心配になって、アンケートを見てみると、

「全くあきることなく、あっという間に終了しました。」

「何でもすぐに聞ける雰囲気で、楽しかったです。」

「とても楽しく、勉強させていただいております。」

っていうご感想に目が留まり、良かった良かった、と、ホッと胸を撫で下ろしたことでした!

さて、自宅塾ですが、

・何かのきっかで、健康的な食生活をして行きたい、と思い立ったものの、どこから、どういう風にして行けば良いのか判らない。

・ガラッと変えるのは、どうも抵抗ある。無理なく、するりと、踏み出したい。

・健康に良くても、不味いものを、ガマンして食べるのは、嫌!

・肉も魚も食べたいし、外食だって楽しみたい。

・何が良くて、何が悪いのか、ちゃんと頭でも理解したい。

というような方々を対象にしています。

そう言う方々に、マクロビオティックのコアとなる思想を、入れ込みながらも、自然栄養セラピーの、いわば西洋の知恵も組み合わせ、ストイック過ぎず、バランスの取れたコース設計をしているつもりです。

実は、始めたばかりの頃、

「セントラル・ロンドンの会場を借りて、レクチャーだけして、実習部分は、省いた方が、効率が良いのでは?」

という、アドバイスを頂きました。でも、

・理論と実践の、どちらもを、判りやすく、具体的にお伝えしてこそ、毎日の生活に、取り入れてもらえるのでは?、

・レクチャーだけだと、すごく難しく感じてしまわれるかも?

・何より、私(=サンプリング大好き♪)が生徒だったら、味見がしたい!!

と思って、敢えて、日本人が沢山住むエリアから、近いとは言いがたい、ロンドン南西郊外・Zone6の自宅で、やり続けています。

お料理上手では、全然無い、家事放棄・猛烈サラリーマン上がり(笑)の私が、「こんな私でも、こんなに簡単に出来る」ということをお見せすることに、意味あるのでは、という、このこだわり、独りよがりかな、と気になることがあるんですが、昨日の方々からも、

「実習を毎回みせていただけると、家ですぐに実践できるので、ありがたいです。」

「お料理を見せて、また味あわせて頂けて、目指すべき”優しい味像”が浮かび上がりました。」

「実際の調理方法を見れて良かったです。」

「具体的な食品を教えて頂いた点、また、実物を見せて頂いた点、すぐに取り入れることが出来ると思います。」

という感想を頂いているので、やっぱり、現路線の継続で行くべきかな~。

他には、次のような、本当に嬉しい感想を色々、頂きました。

「知らないで、このまま過ごしていくよりも、知識として持って、毎日に活かしていくことの大切さを、毎回、感じます。」

「全く知識が無かったので、今回、とても勉強になりました。盛り沢山の内容で、ぜいたくなコースだと思います。」

「全てが衝撃的でした。今まで自分が食べてきたものが、怖くなりました(反省)。」

「思った以上に(想像通り)ためになり、早速自分の食生活を、見直したくなりました。」

「毎回、すごく楽しく、勉強になります。」

(全て、ブログへの転載に、事前に了解いただいています。)

皆さん、奥ゆかしい日本人(ほんと、イギリス人に比べると、それはもう・・・日本人、バンザイ!)でおられるので、改善希望点は、昨日は一点だけ。

「陰陽の基礎知識を最初に教えて欲しい。」

ということでした。いやはや、申し訳ない、陰陽は、中途半端にお教えすると、間違った理解になってしまう、と思うので、モジュール2で、それだけを、みっちりやることに、しているんです。他のモジュールで、陰陽の話を、時に、持ち出してしまう私を、お許しください。モジュール2の時に、はらり、と判るようになりますので、しばらく、ご辛抱を。

自宅での教室「美味しく食べて病気予防しよう塾」。次の募集は、4月になります。2月16日頃、ブログとメール塾等で、一般の募集をさせて頂きますが、相反するけれど、相補的な、以下の2講座を予定しています。:
 「体に優しい、肉・魚の食べ方」と、
 「肉魚を食べないなら、こんなことに気をつけて!」

【関連記事】

ロンドン全域(フィンチリー、イーリング、グロスター・ロード、ドックランド、ハムステッド等)、ロンドン郊外(キングストン、リッチモンド、ステインズ、ウインブルドン、ブラックネル等)、ロンドン圏外(バーミンガム、ケンブリッジ、ブライトン、シャフツベリー、スコットランド、ドイツ等)からも、お越し頂いています。


コメントは受け付けていません。 | 作成者 : キンロス一美