2014年1月16日

カテゴリー:ロンドン情報

ロンドンのMarylboneはマリルボンかマーリボンか、どっちが通じやすい?

こんにちは。キンロス一美です。

9月にふらっと始めて、これで3回目の通称「カフェ部」、実態は「日本人女子会」は、今回はMarylboneのナチュラル・キッチンにて、でした♪

026

Marylboneと書いて、マリルボンではなく、マーリボンと読む、

と、イギリスに来た当初、物知りの友人に教えてもらいましたが、外人人口の多いロンドンなので、マリルボンって読む人の方が多いかもしれません・・・。

ナチュラル・キッチンは、有名なナチュラル系デリ、ショップ、カフェのお店。

2階のお席にだだーっと並び、食べるのにも、お喋りにもやる気満点の我々♪

・このでかいビスケットみたいなのは、ファラフェル。

019

・どどーん、とほうれん草キッシュ

021

・チキン・ペストと3種のサラダ

022

・ベーグルは、これらの中では軽量だったかな?

023

・鮭の照り焼き

024

「サラダ」とは名ばかりの、「ブランチ」からは想像を絶するボリュームの品々は、おいしいんだけれど、食べても食べても無くならない、喋っても喋っても、一向に量が減らない!

お店のお兄さんDaveは、気のいいヤツでした♪

でも、写真の腕は、、、えっと、、逆光だから逆方向から撮ろうか、とか、そこまでは気が回らずに、ただただ気分よく、シャッター押してくれましたです。。

逆光でうまく写真が撮れなかった方々、、Daveになりかわりまして、お詫び申し上げます。。

028

幹事のKeikoさんは、場所をここに決めるまでに、色々のカフェを下見に行ってくださって、予約できるカフェが少ないことが判明。。

気が付きませんでした・・・。Keikoさん、すみません!!!

だから、気楽なレストランでも集まれるように、「カフェ部」という名前は返上して、別の名前をつけよう、という話になったんですが、

どういう名前にしましょう?!次回までの宿題、かな?^^

【関連記事】

ロンドン全域(フィンチリー、イーリング、グロスター・ロード、ドックランド、ハムステッド等)、ロンドン郊外(キングストン、リッチモンド、ステインズ、ウインブルドン、ブラックネル等)、ロンドン圏外(バーミンガム、ケンブリッジ、ブライトン、シャフツベリー、スコットランド、ドイツ等)からも、お越し頂いています。


コメントは受け付けていません。 | 作成者 : キンロス一美