2014年2月23日

カテゴリー:こんな食べもの、あんな食べ物

●子どもが生まれてからは、なんとなくマクロビ??(笑)な生活です。

こんにちは。キンロス一美です。

先日、ブログに読者登録いただいた方から、登録時にいただいたメッセージを見て、30年前にタイムスリップ・・・。

download (1)

(フリーフォトのイメージ写真です。)

こんにちは!

いつも楽しくブログを拝見しています☆

私は出産前までマクロビ生活してました!

子どもが生まれてからは、玄米を食べさせることができず、なんとなくマクロビ??(笑)な生活です。

まだ小さくて、消化器官が発達しきれていないので、玄米が重いです。

よく噛まないので 玄米を食べると便秘か、便の調子が悪くなってしまいます。そこで今は5分づきにしたりしています。

丸山ゆうこさん

私には、現在31才の娘(東京在住)がいるのですが、離乳食、どうしてたかな・・・って遠い過去を思い出そうとしました。

桶谷式の母乳育児をしていたので、娘が生後14ヶ月になって、やっとしっかり歩き出したタイミングまで、主として母乳でした。

離乳食は、多分、胚芽米とか分搗き米を使っていたような記憶が、かすかによみがえって来ました。あの頃は、赤ちゃんに良い食事を、って、何も知らないなりに、考えていたと思うのですが、ほんと、何も知りませんでしたね。。

download

(フリーフォトのイメージ写真。娘ではありません!)

さて、玄米、ゆうこさんがお書きのように、いくら柔らかく炊いても、消化がうまく行かないと、アレルギーの原因になるといけないし、よくよく噛めるようになるまでは、控えるのが安心ですよね。

今ならどうするだろう・・・。

よくよく噛めるようになっても、安全を見て、発芽玄米とか、発酵玄米から始めるか、あるいは、やっぱり、分搗き米から始めるかな。

5月日本セミナーは、「基本篇」と「上級篇」の2本を計画していますが、「基本篇」では、こういうことも含めれば良いのかな、って、ヒントになりました♪

ゆうこさん、有難うございます!

【関連記事】


コメントは受け付けていません。 | 作成者 : キンロス一美