2014年3月18日

カテゴリー:日本セミナー

●子どもが野菜嫌い。成長や健康に影響が無いか心配。

こんにちは。キンロス一美です。

5月日本セミナー

「今すぐ毎日の食事に使える!病気にならない食べ方【基礎篇】」

への参加意向とともに、きっと、そうそう、と同意する方が多そうなメッセージを、Sさんから、いただきました。

子どもが野菜嫌いで、今後の成長や健康に影響がないか心配で、どんなものを食べさせたらいいのか、食事作りに頭を悩ませてます。

download (2)

偏った知識で、子どもにあれこれ食べなさいと言うよりも、正しい知識を身につけて子どもに料理を作ってあげたい。

そして子どもが自立したときに、自分で身体に良い食事を自分で選べるように、今のうちから教えてあげられたらいいな、と思いました。

子ども(幼児~小学生)向けのお勧めメニューも教えていただけると、嬉しいです。

【Sさんへ♪】

わかります、わかります!!!

妊娠、出産、育児、つまり、自分じゃなくて、「子どものため」を思って初めて、食生活の見直しに真剣になる傾向、強いですよ。

私自身が、その口でした。

でも、子どもは、得てして、親の心、子知らず?!

子どもには、子どもなりの理由もあるのでしょうが、親の気持ちも分かってほしいですよね。

そうそう、今でも覚えているのは、子どもが3~4才の頃のこと。フルタイムで働いていたのですが、残業の時など、ベビー・シッターさんに、保育園に迎えに行ってもらって、自宅で私が帰るまで、一緒にいてもらってました。

夕食は、手作りのものを用意しておいたのですが、ある日、すごく断面が美しいテリーヌを、手間ひまかけて作っておいたのに、娘は全く、手を付けず!

download (3)

(ちょうど、こんな感じ♪)

ショック!!娘に喜んでもらおうと、あんなに一生懸命作ったのに!

ベビ・シッターさんも、いたく同情してくださったのですが、良く考えてみると、自己満足そのもの。。

何だか、興奮して(!)、脱線してしまってますね・・・すみません!

ご意向を踏まえて、作成中のレジュメを横目で点検したところ、

はい、大丈夫♪

お役にたつ内容だと思います。^^

三つ子の魂、百まで、と言うのは、本当だと思います。それなりに、食を大切に考えていたかな、と思うのですが、成人した娘は、やはり、それなりに、食の大切さをわかっているみたいですしね。

「今すぐ毎日の食事に使える!病気にならない食べ方【基礎篇】」

Sさん♪ セミナーでお目にかかれるのを楽しみにしています!!

このセミナー、3月27日午後8時配信の無料メール塾で、募集開始です♪

【関連記事】


コメントは受け付けていません。 | 作成者 : キンロス一美