2014年11月18日

カテゴリー:心臓病のための栄養療法

●油は良くないとか、バターは太るから使わないという人へ

こんにちは。食べながら綺麗にやせる食事法:キンロス一美(栄養療法士)です。

あなたは、油=太る、バター=太る、という「偏見」を持っていませんか?

「食べながら綺麗に痩せる食事法セミナー」に来られたYHさんも、そんなお一人だったようです。

太らないための基本を教えていただけたと思います。

油のことも色々、バターのこともお聞きできて、とても良かったです。

一美さんは知識が豊富で、徹底的に調べておられるという印象があり、とても頼りになる方だと思いました。

今後ともよろしくお願いいたします。

(YHさん)

実は、「油」には色んな種類があります。

ざくっと言うと、

飽和脂肪酸
不飽和脂肪酸
トランス脂肪酸

このうち、絶対的に良く無いのは、トランス脂肪酸ただ一つなんですよ。

・不飽和脂肪酸の中でも「オメガ3油」は、むしろ痩せます!

・飽和脂肪酸は、高温になってもトランス脂肪酸が発生しないので、炒めものに安心して使えます。あ、だから、炒めものにはバターを使うのも名案です。

・トランス脂肪酸は、体の中に炎症を引き起こし、ひいては心臓病などの原因になり得ます。

トランス脂肪酸はマーガリンに入っているだけではなくて、市販の菓子類にも入っているし、自分で調理しながら発生させることだってあるので、マーガリンさえ食べなければ大丈夫、と思っていたら大間違い!

油(脂)を上手に使っていくことは、太らないためにも、病気にならない為にも、大きな鍵となります!

オメガ3油を充分摂る、飽和脂肪酸も賢く摂る、トランス脂肪酸は摂らない、

この作戦で、心臓病から遠ざかることができますよ。

YHさんが参加された「食べながら綺麗に痩せる食事法」セミナーは、DVDになって、11月25日に発売予定です!

こちらから、優先的にご案内致します♪

【関連記事】


    コメントは受け付けていません。 | 作成者 : キンロス一美