ここにメッセージを入力してください。
赤文字サンプル
リンクサンプル

こんな食べもの、あんな食べ物

2015年5月1日

カテゴリー:こんな食べもの、あんな食べ物

●コーヒーは便秘の元?それとも便秘を解消してくれる?

こんにちは。食べながら綺麗に痩せる食事法:キンロス一美(栄養療法士)です。

メルマガ読者のRAさんから、コーヒーと便秘の関係についての質問を頂きました。

coffee-cup

コーヒーについて質問なのですが、私はコーヒーをのむとトイレに行きたくなります。

便秘に効果があるのかな~?と思っています。

コーヒーは毎日飲んでも問題ないでしょうか?

ちなみにブラックです。

よろしくお願いいたします♪

(RAさん)

これまで、コーヒーについての色々な記事をブログやメルマガで書いてきましたが、そう言えば、便秘との関係は未だでした!

あ、今までのコーヒー関係の記事は、ブログの左サイドバー下の方にある「ブログ内検索」に「コーヒー」と入れて検索すると、出て来ますよ♪

まず、RAさんが「コーヒーを飲むとトイレに行きたくなる」と言われるのとも関係しているので、ここから説明しますね。

コーヒーに含まれるカフェインには、利尿作用があるので、コーヒーを飲むとトイレに行きたくなる、というのは自然なことなんです。

コーヒーだけじゃなくて、紅茶、緑茶、コーラやドリンク剤など、カフェインが入っているもの全般に、こういう作用があります。

さて、このカフェイン、腸の収縮を刺激する働きもあるので、その点からは、便秘解消効果があってもおかしくは無いんですよ。

でも、カフェインは、そんなに単純なものではなくて、逆に、便秘の元になる色々な働きや原因を作ることもあるんです・・・。

例えば、

・さっきの出て来た利尿作用は、水分を外に出してしまう働きですが、このため、便を作るのに必須の水分が不足してしまう

・大腸の蠕動運動、つまり、大腸がくびれながら中身を下へ下へと移動させていく動き、これを妨げる働きがあるので、便は作れても、外に出せなくなってしまう

・あと、カフェインでは無いのですが、やはりコーヒーの成分の一つ、タンニンも、多く摂り過ぎると便秘を招いてしまう

などです。

結論から言うと、一般的には、コーヒーの飲み過ぎは便秘を引き起こしかねない、と考えられますよね。

そうそう、イギリスのカフェの中には、「Lサイズ」が赤ちゃんの頭くらいのサイズのカップのところもあるので、うっかり注文してしまうと困ったことになります!

th (1)

コーヒー(カフェイン)の許容量は、人によって違うので、体の声を聞きながら自分に合う量のコーヒーを見極めて、便利に利用すれば良いのではないでしょうか?

あ、あともう一点!

RAさんは「ブラック」と書かれているので良いのですが、牛乳を入れて飲む場合、自分が気づいていないだけで、実は牛乳あるいは乳製品全般のアレルギーあるいは過敏症の人がいます。

その場合、便秘よりはむしろ下痢の方に働くことも多いですよ。

つまり、コーヒーを飲むとお通じが良くなるから、と思っているのが、実は、アレルギーや過敏症の反応かもしれないので、牛乳を入れて飲みつけている人は、一度、ブラックだとどうなのかを試してみる価値があると思います。

飲むとどうなるか、自分で観察しながら、美味しいコーヒーを楽しみましょう♪

【関連記事】

コメントは受け付けていません。 | 作成者 : キンロス一美

2014年11月10日

カテゴリー:こんな食べもの、あんな食べ物

●鉄分不足が原因の貧血だと分かったら、どうすれば良いでしょうか?

こんにちは。食べながら綺麗にやせる食事法:キンロス一美(栄養療法士)です。

この続きを書きますね。

さて、血液検査の結果、鉄分不足による貧血とわかったら、多分、鉄剤を処方されるはず。

それは服用するとして、でも本来は食事から鉄分を摂りたいですよね。

じゃあ、鉄分たっぷりのレバーを毎日食べますか?

それね、特に妊婦さんや妊娠の可能性のある方は、避けて欲しいんです!!!

レバーは、鉄分が豊富なだけでなく、ビタミンAの宝庫でもあるんです。

でも、ビタミンAの摂り過ぎは、催奇性といって、胎児に悪い影響を及ぼす可能性が出てくるんですよ!

だから、レバーは週に一度程度にしておいて、あとは植物性の鉄分の多いものをたっぷり食べるのがお勧めです。

例えばアーモンド、アボカド、パセリ、松の実、ひまわりの種やカボチャの種、大豆、松の実などが代表でしょうか。

ただ、植物性の鉄分は非常~に吸収が悪いので、ビタミンC豊富なものと一緒に食べると良いですね。

ビタミンCは、鉄分の吸収を高めてくれるからです。

例えば、アボカドにレモン汁をたっぷりかけて食べるなど、美味しさもアップして一石二鳥ですよ♪


貧血については、他にも知っておくと良いことがあるので、また書くことにしますね。

【関連記事】

コメントは受け付けていません。 | 作成者 : キンロス一美

2014年11月2日

カテゴリー:こんな食べもの、あんな食べ物

●スイーツを堂々と食べる方法♪

こんにちは。食べながら綺麗に痩せる食事法:キンロス一美(栄養療法士)です。

昨日の記事の「スイーツ」、美味しそうだったでしょ♪

実は、こんな食事の後で食べたんです。



まず、オーブンを予熱しながらラムをささっと準備して、オーブンが仕事してくれてる間に、まず味噌汁、最後にブロッコリーを茹でて、合計で30分で完了♪

右上から反時計回りに

・ラムのロースト:

にんにくのスライスと生のローズマリーをまぶし、赤ワインをふりかけてからベーキング・シートとアルミホイルで包んで、180度のオーブンに20分程度入れただけです。

・ブロッコリーの赤梅酢和え(炒りゴマをまぶして)

・具沢山味噌汁:

カボチャ(えっへん、自家製!!)、ニンジン、切干大根を水から煮て、味噌を溶かし、最後に青みを散らしました。

日本滞在中は、毎日のように、たっぷり食べ過ぎたので、穀物抜きにしてみています。

ラムは、私のは100g程度。

他の食事と合わせてもタンパク質が足りないかも、と思ってね、秘策を導入しました・・・大げさ (^▽^;)

それが、これだったんです!



甘いモノであると同時に、アレルギー性の低いタンパク質源でもある小豆あん。

一石二鳥作戦です♪


甘いモノを「本当は食べないほうが良いだろうにな、、」と思いつつ、何だかコソコソ食べるのではなくて、「良質タンパク質源」として堂々と食べたのでした!

なお、体にやさしいスイーツは、こちらでも紹介しています(^-^)/


【関連記事】

コメントは受け付けていません。 | 作成者 : キンロス一美

2014年9月26日

カテゴリー:こんな食べもの、あんな食べ物

●ナチュラルな甘味料を使ったコカ・コーラ新製品、イギリスでも発売!

こんにちは。食べながら綺麗に痩せる食事法:キンロス一美(栄養療法士)です。

今年の6月には、もうアルゼンチンで先行発売されていたという、コカコーラの新製品「コカ・コーラ・ライフ」が、ごく最近、イギリスで新発売されました。

th (29)
「ナチュラルな甘味料を使った」とのことで、砂糖を今までの半分に減らし、足りない分の甘さはステビアで補ってあります。

なんでも、イギリス政府の方針に合わせた「肥満対策」だそうです。

写真の背景の緑の草は、ステビアですね、多分。

ステビアの甘さは糖とは違って、カロリーも無いし、GI値(血糖値を上げるスピードを表す数字)も実質ゼロです。

でも、独特の後味があるのと、砂糖よりうんと高いことから、ステビアだけじゃなくて砂糖と半々になっているのかな、と想像します。

実は、今日、一大決心をして(笑)自分で人体実験をしようと、近所のスーパーに行ったら・・・あらら、置いていなかった。がっかり。。

さて、コカ・コーラ製品に入っている甘味料を比べてみると

・普通のコカコーラ:果糖ブドウ糖液糖+砂糖
・コカコーラ・ゼロ:アスパルテーム他の人工甘味料
・ダイエット・コーク:アスパルテーム他の人工甘味料

そして

・コカコーラ・ライフ:砂糖+ステビア

なので、コカコーラ製品の中では、コカコーラ・ライフがまあ、一応、一番ましなのかもしれません。

でも、砂糖が入っていないわけでは無いですからね。。。

やっぱり本当の「肥満対策」は、こういうことでは無いですよね・・・。

グリーンをシンボル・カラーにして、ナチュラル・イメージをつけながら、「積極的に体に良い」みたいな路線でプロモートするんでしょうか。

私がコカ・コーラの経営者だったら、今後の企業戦略をどうするかな、って考えてみましたが、う~ん、、、難しい、、ですね。

いつも思うんだけど、コカ・コーラの経営陣は、コカ・コーラを飲んでるんだろうか?!?

本当の「肥満対策」は、こちらでどうぞ♪




【関連記事】

コメントは受け付けていません。 | 作成者 : キンロス一美

2014年3月4日

カテゴリー:こんな食べもの、あんな食べ物

●冷凍状態から目覚めたら、ちゃんと生き返ってくれるかなあ。

こんにちは。キンロス一美です。

これ、私のぬか床です♪

001

30cmx25cmx10cm的な大きさの容器で、普段は冷蔵庫に入れています。

毎日のように、かき混ぜて、世話をするのがポイントなんですが、ちょっと気を抜いて、さぼることもあり・・・だから、ほんとに、こんな感じで良いのかな、って思うことも。。

家庭用精米機で精米すると、ぬかが出るんですが、ちょうど、補完用に良い量が出るので、重宝しています。

今回のホリデーに出るに当たっては、冷凍庫に格納しました。戻って解凍したら、機嫌よく、また活躍してくれるかな・・・。

ぬか漬けを始めとして、日本には色んな種類の発酵食品が豊富で、本当に良い事です。イギリスは、ヨーグルトとかチーズくらいしか無いので、乳製品が合わない場合は、発酵食品ゼロ生活だ!

●予告:発酵食品を取り入れましょうね、というのは、5月の日本セミナー(基礎篇)で、お勧めすることの一つになる予定です。

なぜ良いのか、についても、もちろん、ご説明しますよ。無理にとは申しませんが、やって損は無い。^^

あ、うちも、じゃあ、ぬか漬けを始めよう、と、居ても立ってもいられなくなって、「糟糠の妻(そうこうのつま)」、続出かも!?

意外と簡単ですよ。匂うけど。。

●5月日本セミナー「基礎篇」は、「知識ゼロでも、今すぐできる、病気にならない食べ方」です♪

大阪:5月10日(土)、東京:5月17日(土)

【関連記事】

コメントは受け付けていません。 | 作成者 : キンロス一美

1 / 212