ここにメッセージを入力してください。
赤文字サンプル
リンクサンプル

ロンドン情報

2014年2月6日

カテゴリー:ロンドン情報

●2月のウィズリー・ガーデン(Wisley Garden)。フードホールがリニューアルされていた♪

こんにちは。キンロス一美です。

ロンドン界隈でGardenと言うと、一番有名なのは、キュー・ガーデン(Kew Garden)になるんでしょうか?

王立園芸協会ウィズリー・ガーデンも、同じくらい有名ですが、キューと違って、地下鉄駅の最寄りではなく、車でしか行きようがないからか、日本人は、ほとんど見かけません。

うちは、車でびゅっと簡単に行けるので、もっぱらウィズリー。

008

先日行ってみたら、フードホールが改装になってました!

010

お菓子類の種類が、前にも増して豊富になっている?

011

ポーク&アップル・ロールにぐぐっと惹かれる夫あり。

012 013

パンも売ってます。

014

夫はカプチーノとアップル&ポーク・ロール。

私はアメリカーノとマフィン。マーガリンではなくてバターを塗る!

016

パーティション乱立で、前より席の数、減ってるんだけど??!

018

フードホールすぐ外の地面には、水仙の葉っぱがぽこぽこ顔を出してきている。

019

色違いのハマメリス。

020

ウィズリー・ガーデンの端っこには、ウェイ川が流れているんですが、

021

テムズ川同様、この川も、どっぷり。。

022

心配は置いておいて、カメラを向けられるとやっぱり笑顔になるのが習い性!

026

根っこが水に浸かっていて、早く何とかしないと、木も困るだろう。。

030

コニファー類の林を抜け、

034

漫画に出て来る怪獣みたいな根っこを見、

035

きのこのオブジェと記念撮影♪

036

やっと見つけた!そうです、スノードロップスを愛でに来たんです♪

038

他にも顔を出していないか、見回っていると、

040

一杯あった♪

045

スノードロップス、クリスマスローズ、クロッカスの三重奏♪

046

帰りにショップに寄ってみたら、どどーんとダイエット本コーナーがあった。

047

プラントセンター内で見つけた、オーラ・カイリーのガーデニング・エプロン。

048

種コーナーにあった、ジェイムズ・ウォング印のステビアの種!

049

でも、裏を見ると、食用にはならない、観賞用とあって、え?!?

051

大きのこのオブジェと小きのこ、セイヨウトチノキの実(木製)

053

 

以上、2月早々のウィズリーからのピックアップでした。^^

 

【関連記事】

ロンドン全域(フィンチリー、イーリング、グロスター・ロード、ドックランド、ハムステッド等)、ロンドン郊外(キングストン、リッチモンド、ステインズ、ウインブルドン、ブラックネル等)、ロンドン圏外(バーミンガム、ケンブリッジ、ブライトン、シャフツベリー、スコットランド、ドイツ等)からも、お越し頂いています。

コメントは受け付けていません。 | 作成者 : キンロス一美

2014年1月31日

カテゴリー:DVD販売情報 ロンドン情報

●ウェイブリッジ(Weybridge)のイタリアンでは、仔牛のすね肉煮込みを食べるべきだったのに?

こんにちは。キンロス一美です。

テムズ川を渡って、斜め対岸ウェイブリッジは、その昔、ジョン・レノンも住んでいた高級な町。

数日前、何だったか忘れたけれど、夫が私を怒らせて、ご機嫌を取ろうとして、

「ウェイブリッジのイタリアンに行こうか?」

って言ってきたので、一も二もなく行きました(笑)。

オリーブをつまみながらワインを飲み始めていると、この前菜が到着。魚介類のフライ。カラマリ(イカのフライ)がメニューにあると、必ず頼んでしまう。。

012

夫(向こう側)は蟹入りパスタ。

私(こちら)はトリュフのリゾット。

014

なんだか、男性人口の多い店(この日は特別?)でした。

015

どうせ撮るなら、カメラケースどけて撮ってよ。。それに、どうせなら、少しはおめかししたいのに、急に行こうと言われたので、髪の毛もボサボサだし、ユニクロのリス模様のヒートテックだし。。

022

この店の名前はOsso Bucco。ミラノ風仔牛のすね肉煮込みという意味だそうです。でも、夫は、イタリアン=パスタでしょ、っていう短絡的なイギリス人なものでね。。

デザートは、向こうがチーズケーキ(に見えないけれど)で、私はりんごのタルト。

026

このキャンドル、電気だと思って確かめに行ったら、本物でした。

029

次回は、ぜひとも、店名のオッソ・ブーコを食べてみたいです!

【関連記事】

ロンドン全域(フィンチリー、イーリング、グロスター・ロード、ドックランド、ハムステッド等)、ロンドン郊外(キングストン、リッチモンド、ステインズ、ウインブルドン、ブラックネル等)、ロンドン圏外(バーミンガム、ケンブリッジ、ブライトン、シャフツベリー、スコットランド、ドイツ等)からも、お越し頂いています。

コメントは受け付けていません。 | 作成者 : キンロス一美

2014年1月21日

カテゴリー:ロンドン情報

●テムズ川(The River Thames)の洪水状態は、なんとか一段落しました。

こんにちは。キンロス一美です。

先日は、洪水警報が出てびっくり、と言いながら、のんびり記念撮影していた、脳天気以上の私でしたが、その後、おかげさまで、何とか水かさは減り、洪水の危険は無くなりました。

このフットブリッジ(歩行者用の橋)、途中から水に潜っていました。

今は緑に見えている「緑地」は、完璧に水の中だった・・・。

003

hiroさんが「記念撮影してる場合じゃないでしょ!」ってコメントくださって、ほんとだ、と気づいたのと同じ位置で、もう一度記念写真。

004

 正確には、先日は、ゲートから先が水に浸かっていたので、それより手前に立っていました。

幸い、うちの辺りは大丈夫でしたが、イギリス中で洪水の被害が多発して、知り合いの親戚も、自宅が浸水して、クリスマス前から一ヶ月、ホテル住まいだとか。。

こんなことは前代未聞だそうです。地球温暖化と、やっぱり関係あるのでは?

写真を撮った後、近くのミュージアム・カフェに寄ったら、こんなのが居た。。

001

大理石で作ったのかな、と思ったら、何と、テムズ川に浮かんでいたプラスチック類(ごみ袋、コーヒーカップ、バーガーの入れ物など)が材料ですって。。

白鳥でも黒鳥でもなくて、なんだろう・・・。

 

 

【関連記事】

ロンドン全域(フィンチリー、イーリング、グロスター・ロード、ドックランド、ハムステッド等)、ロンドン郊外(キングストン、リッチモンド、ステインズ、ウインブルドン、ブラックネル等)、ロンドン圏外(バーミンガム、ケンブリッジ、ブライトン、シャフツベリー、スコットランド、ドイツ等)からも、お越し頂いています。

コメントは受け付けていません。 | 作成者 : キンロス一美

2014年1月16日

カテゴリー:ロンドン情報

ロンドンのMarylboneはマリルボンかマーリボンか、どっちが通じやすい?

こんにちは。キンロス一美です。

9月にふらっと始めて、これで3回目の通称「カフェ部」、実態は「日本人女子会」は、今回はMarylboneのナチュラル・キッチンにて、でした♪

026

Marylboneと書いて、マリルボンではなく、マーリボンと読む、

と、イギリスに来た当初、物知りの友人に教えてもらいましたが、外人人口の多いロンドンなので、マリルボンって読む人の方が多いかもしれません・・・。

ナチュラル・キッチンは、有名なナチュラル系デリ、ショップ、カフェのお店。

2階のお席にだだーっと並び、食べるのにも、お喋りにもやる気満点の我々♪

・このでかいビスケットみたいなのは、ファラフェル。

019

・どどーん、とほうれん草キッシュ

021

・チキン・ペストと3種のサラダ

022

・ベーグルは、これらの中では軽量だったかな?

023

・鮭の照り焼き

024

「サラダ」とは名ばかりの、「ブランチ」からは想像を絶するボリュームの品々は、おいしいんだけれど、食べても食べても無くならない、喋っても喋っても、一向に量が減らない!

お店のお兄さんDaveは、気のいいヤツでした♪

でも、写真の腕は、、、えっと、、逆光だから逆方向から撮ろうか、とか、そこまでは気が回らずに、ただただ気分よく、シャッター押してくれましたです。。

逆光でうまく写真が撮れなかった方々、、Daveになりかわりまして、お詫び申し上げます。。

028

幹事のKeikoさんは、場所をここに決めるまでに、色々のカフェを下見に行ってくださって、予約できるカフェが少ないことが判明。。

気が付きませんでした・・・。Keikoさん、すみません!!!

だから、気楽なレストランでも集まれるように、「カフェ部」という名前は返上して、別の名前をつけよう、という話になったんですが、

どういう名前にしましょう?!次回までの宿題、かな?^^

【関連記事】

ロンドン全域(フィンチリー、イーリング、グロスター・ロード、ドックランド、ハムステッド等)、ロンドン郊外(キングストン、リッチモンド、ステインズ、ウインブルドン、ブラックネル等)、ロンドン圏外(バーミンガム、ケンブリッジ、ブライトン、シャフツベリー、スコットランド、ドイツ等)からも、お越し頂いています。

コメントは受け付けていません。 | 作成者 : キンロス一美

2014年1月11日

カテゴリー:ロンドン情報

●ハンプトン・コートの庭は、冬は無料開放なんですよ♪

こんにちは。キンロス一美です。

この冬は、洪水の被害が本当にヒドイことになっているんですが、冬なのに寒いとはいえない。。

さて、小春日和の朝、ハンプトン・コートのガーデンをお散歩。

003

ベンチに座ろうとして、

005

立ち上がっているのは・・・ベンチ、濡れてたんです!お尻、濡れました。。

004

例年は1月後半なのに、もうスノードロップが顔を出していた♪

008

スケートリンクは、ハンプトン・コートの冬の名物ですがまだ滑りに行ったことはありません。

019

だって、スケート下手だし。。

010

大笑いしたのは、このおじさんのタバード(黄色い蛍光性の)に、

POLICEじゃなくて、POLITE(「礼儀良い」のポライト)

って書かれていたこと!夫にも買ってあげたいと思ったほど、このジョーク、受けました!

011

ブランチは、この後、参りましたのでした♪

【関連記事】

ロンドン全域(フィンチリー、イーリング、グロスター・ロード、ドックランド、ハムステッド等)、ロンドン郊外(キングストン、リッチモンド、ステインズ、ウインブルドン、ブラックネル等)、ロンドン圏外(バーミンガム、ケンブリッジ、ブライトン、シャフツベリー、スコットランド、ドイツ等)からも、お越し頂いています。

コメントは受け付けていません。 | 作成者 : キンロス一美

3 / 41234