2014年1月2日

カテゴリー:ロンドン情報

●年越そばもおせちも無しで、元旦はリッチモンド(Richmond)のフレンチ♪

こんにちは。キンロス一美です♪

外人妻の哀しさよ、年越しそばにも、おせち料理にも、当然のことながら、全く何の思い入れも無い夫なので、もう、それを「特権」として利用すべし!

とばかり、

大晦日は、ごく簡単に、まるで町の食堂のようなワンプレート料理。

イカをニンニクとタイムとみりんとでマリネして、オリーブ油とバター(もちろん、エシレ♪)で焼いたのがメイン・・・これ、いけます!

001

お料理がこんなにシンプルなのには訳があって、二種のスイーツ付き♪

003

・庭のビーツを全部掘り起こしたのを使ってポレンタとビーツのケーキ。

・セレブリティ・シェフ、ヘストン・ブルーメンソール特製ライチとイチゴのアイス。

ヘストンのアイスは、箱の裏を見たらぎょっとする程色んなモノが入っていたので、迷いに迷いに迷いに迷った挙句、気になるので買ったものです。。

さて、いよいよ元旦!

レストランは2時から予約したんですが、道がすごく空いていたので、途中、ハムハウス(Ham House)の駐車場で時間調整。

洪水状態でした・・・。暗い空の下、なんと、カヌーやってる人もいたけど。。

006

レストランの窓からの景色。テムズ川の水かさが、すっごく増してるのがわかるでしょうか?赤いのは、リッチモンド・ブリッジを渡るロンドン・バスです。

009

「ホワイト・ビール」のラベルの女の子と2ショットを撮ってあげようと思ったのに、夫、目が座ってるのは、どうしたんだろう。。。

010

私のメインは色んな魚類のグリル。

夫はダック(鴨)。

012

自分の選択にかなり満足な私が、勝ち誇ったようにニヒルに微笑むの図?!

014  

デザートは、パイナップルのケーキとクレープ。

018

この後、リッチモンドに住む、夫の友人を呼び出して、Bill’sでコーヒータイム♪

019

実は、2月1日(土)に予定している、レッスンに来てくださっている方々との新年会の下見という題目で、このレストランに行って来ました。

ガレットも豊富だし、値段も妥当だし、サービスもまずまずだし、OKね、と思ったので、1時から予約しましたよ!!

リッチモンド駅から歩いて10分程でしょうか、シェ・リンゼーです♪

【関連記事】

コメントは受け付けていません。 | 作成者 : キンロス一美