ここにメッセージを入力してください。
赤文字サンプル
リンクサンプル

詳しいプロフィール

2013年12月6日

カテゴリー:詳しいプロフィール

●自然療法の栄養セラピストになる方法

こんにちは。キンロス一美です。

時々、私が今持っているような知識を得たい、あるいは自然療法の栄養セラピストになりたい。どうしたら良いのか、と聞かれることがあります。

ご参考までに、私が学んだことを、簡単に書いてみますね。

 ・まず、入り口はマクロビオティック。都合3年ほど、指折り数えるに、20人くらいのマクロビ・ティーチャーから学びました。

・次に、一転して科学的なことを学ぶべく、大学の栄養医学のコースを履修しました。

・その前に、地元のコレッジで、サイエンス系の科目(人間の生物学、メディカル・サイエンス、化学など)を学んで、そういう分野が好きかどうかのお試しもしたんですよ!

・大学のコースから、自然療法のコレッジに転校。もっと「自然療法系」かつ人間くさいことを身につけたくなったんです。

栄養セラピストには、こんなにガチャガチャしなくても、大学に行くか、自然療法のコレッジに行くか、それだけでOKですよ。

でも、もしイギリスで、ということなら、英語の力は、読む、書く、聞く、話す、全てにわたって、少なくとも私レベルは必要です。

全て英語で、大量の文献や関連する本を読み、しょっちゅう小論文を書き、広範囲のテストを受け、長時間にわたる超スピード講義を聞き取り、教師や同級生の視線が耳をすます中でクリニック実習、、。

思い出したらめまいがしそう、、。(*_*)

何とかこなせてラッキーでした。

卒業式の時の写真(なんか、不敵な顔してますね。。)

t02200293_0336044812395083159

それはそうと、こんなに「ガチャガチャ」と回り道をしたのは、そもそも、マクロビを入り口にしたから!でも、それが今に至る「必然」だったのかな、と思っています。

「必然」と思う理由は、

・もし、大学だけだったら、「食べ物」というより「栄養素」に力点を置いていたでしょう。

・もし、自然療法のコレッジだけだったら、ホメオパシーやイリドロジーなどの方に関心が向いたかも。

・逆に、マクロビオティックに律儀を通していたら、肉を食べたりしていなかったでしょう。

ガチャガチャと回り道をしたおかげで、サイエンス、自然療法、マクロビオティックの3つの立場から、食べ物のことを見られるようになれて、良かった♪

わかりやすく、病気にならない食べ方を解説できるようにも、なれましたし。^^

【関連記事】

ロンドン全域(フィンチリー、イーリング、グロスター・ロード、ドックランド、ハムステッド等)、ロンドン郊外(キングストン、リッチモンド、ステインズ、ウインブルドン、ブラックネル等)、ロンドン圏外(バーミンガム、ケンブリッジ、ブライトン、シャフツベリー、スコットランド、ドイツ等)からも、お越し頂いています。

コメントは受け付けていません。 | 作成者 : キンロス一美

2011年12月6日

カテゴリー:詳しいプロフィール

●自然療法の「栄養セラピスト」になろうと思った経緯、の後半です。

こんにちは。自然療法の栄養セラピスト、キンロス一美です。

さてさて。

自然栄養セラピストにも、自然医療にも、程遠い、そんな私の「過去」を打ち明けます。
の続きです。

6.一人暮らしになって、食生活は荒れ模様に。

前の夫と離婚後、娘と二人+わん一匹(例の“セレブ犬”健ちゃんです)暮らし。

$野菜中心の食生活では不充分!病気知らずになる為の自然栄養セラピー時には、足の裏、丸見せ状態で、くつろいでいた模様です・・・。

その後、娘が、アメリカの大学に進んでからは、40代半ばから、一人暮らしagain・・・。その時点で、タガが外れた、って言うんでしょうか。もうもう、一にも、二にも、仕事、仕事、仕事!に、ますます磨きがかかった生活に突入!

東京のオフィスに3日間、大阪のオフィスに2日間、みたいな、東京と大阪を、頻繁に往復する生活。時には夜行電車で、東京から大阪に、取って返して、そのまま大阪のオフィスに、早朝出勤したり。海外出張も、かなり、ありました。

食事は、メチャメチャ、不規則。外食が多いし・・・。

実は、40代前半に、一度、電車の中で、倒れたことがあるんです。急に、頭に激痛がして、どんどん、酷くなる一方。「これは、蜘蛛膜下出血で、死んでしまうかも、」と思ったくらいです。でも、結局、回復して、また、元の生活に逆戻り。

新製品導入のイベントにて。
$野菜中心の食生活では不充分!病気知らずになる為の自然栄養セラピーこ、こわい顔・・・かも。何よりも、見事な腕の太さに、我ながら、目が釘付け!

その後、ご縁があって、転職し、「100%東京暮らしagain」に。東京暮らし、楽しみました!

都心に住んでいたので、しょっちゅう、美味しいもの食べ歩き。しかも、遅くまで仕事をしてから出発、なので、帰ったら夜中。そうじゃない時は、やっぱり遅くまで仕事をして、帰りに、おりじん弁当とか、コンビニ弁当なんかを買って、ワイン片手に、テレビ観ながら、遅夕食。

この時期、さすがに、胃の調子が、パッとしなくなりました。病院で、強力な消化薬を処方してもらい、それが頼み。不規則食生活は、そのまま・・・。

それなのに、特に、気にもしていなかった!

7.突然の展開。日本での猛烈サラリーマン生活から足を洗う。

2005年の1月。今の夫が、突然、言い出したんです。

「お互いに50歳になる、今年、結婚しよう。」

と。

「はぁ~~~?!?!?なんでまた、そんなこと、今言うの!」

約、1年間にも及ぶ、慎重な検討期間の後、

「この会社で、定年まで頑張りたい!」

と決心して、転職して、一年も経たないタイミングだったんです。

「さあ、そろそろ、アクセル一杯踏み込んで、定年まで、突っ走るぞ!」
みたいな、年頭所感を発行した(いや、自分に言い聞かせただけですが)ばかりの時。

義理と人情の板ばさみに、苦しみました。約、半日間・・・。

              <中略>

・私:「すみません、本当に申し訳ないんですが、急に、通勤が出来ない場所に、転居することになって、退職させて頂かざるを得なくなりました。

・上司:「え?どこ??北海道とか?」

・私:「いえその、、イギリスなんです。」

・上司:「そうか、、、そりゃあ、ちょっと、通勤が難しいね。」

どうせなら、ジューン・ブライド、と思ったんですが、後任が、なかなか見つからず、退職したのは、11月。ノベンバー・ブライドと、相成りました。

$野菜中心の食生活では不充分!病気知らずになる為の自然栄養セラピー結婚レセプション@森の中のバーンの、スナップから。

8.イギリス生活、早々に、体調、絶不調に。

イギリスに来るのを契機に、生活、がらりと替えようと、考えました。大学出てから、かれこれ、28年間働いたし、、もう、フルタイムで、ぎちぎちに働くのは、いいかな、、と思ったんです。あと、今までとは、全く違う、何か、新しいこと、やりたいな、とも。

夫は、

「何か勉強したいことあったら、学費、出すから。」

なんて、言ってくれるんだけど、勉強したいことなんて、別に、無いし・・・。

強いて言えば、医学くらいかな、とは、思ったんですよ。何故か。でも、50歳から、医学部って、頭にも体にも、無理過ぎるだろうし、即刻、断念。

ガーデニング関係のクラスに、あれこれ行ったり、アロマテラピー入門クラスに行ったり、お気楽専業主婦的な、「50歳にして、自分探し」の生活を始めました。でも、没頭して取り組みたい、とか、次の仕事にしたい、とか、そう思えるものは、無くて・・・。

そうこうするうち、体調不良が、襲って来た!

・手の指の関節が痛い。
・胃も重くて、夜、寝つけない。

GP(家庭医)に行くんですが、そして、血液検査もするんですが、リューマチでもないし、ピロリ菌が住んでいる訳でもない。

そうなると、GPは、もう、どうしたら良いか判らない(そう、言われました)。この国では、「胃の不調=潰瘍薬」っていう、ワンパターンが普及しているのか、βブロッカーを処方して来たりっていう、トンチンカン!

製薬会社に居たので、それは違うでしょ、っていうくらいは、判るんだい!!と、そこでもう、医者は、見放しました。医者に見放されたんじゃなく、医者を見放した・・・。

イギリスの冬は、4時には既に、暗くなり、朝は、8時過ぎないと、明るくならない。

夢の新婚生活であるはずが、体調不良と、暗~い毎日に、心も暗くなる一方。嗚呼・・・。

今にして思えば、この「

不幸」があってこそ、今に至った、んですけれど、当時は、ふさぎこむ一方でした。

9.牛乳が犯人だったとは・・・。

自分自身で、治すしかないな、と思えど、どうしたら良いのか、見当つかない。

自然栄養セラピーのことを知っていたら、きっと、駆け込んだでしょうが、この時点では、そういうものがあるって、知りませんし。

そんな折、何かで聞き込んで、ふと、牛乳をやめてみたんです。

イギリスに来てから、早朝、朝、遅朝、昼、早午後、遅午後、夕方、夜・・・、一日に、何度も何度も、牛乳をた~~っぷり入れた、紅茶を飲むのが、すっかり習慣化していたので、毎日、かなりの量の牛乳を採っていました。それを、やめました。

するとすると・・・あらまあ、不思議!一日か二日後には、関節痛が、消えた!

びっくりしました。日本でも、もちろん、牛乳は、ごく普通に、飲んでました。特に、何とも無かったし。

目からコンタクトレンズ、じゃなくて、目からうろこ、とは、このこと!

念のため、牛乳をまた少し、飲んでみたら、やっぱり、関節痛になる。だから、牛乳が、関節痛の犯人、というのは、動かし難い事実、と判明。

一方、胃重は、相変わらずなんです。

10.そこからが、長かった!でも、ようやく、ここまで来ました。

「自分で何とかしないと、イギリスでは生き延びられない!」

という思いを強め、自分で体調を整える方法を、模索し始めました。文字通りの、暗中模索。

その時点でも、まだ、「自然栄養セラピー」の存在に、気づきませんでした。

その時に、知っていたら、こんなに回り道しなかったのに。

と、恨めしくもあるけれど、

いやいや、だからこそ、色んな方法を学べて、何が一番ピッタリ来るか、見出せたんだ。

と、受け止めているんですけれどね♪

で、その時、どうしたか。日本に居る時、トレンドに乗る、っていう意味合いから、だけ、ですけれど、マクロビ・カフェに、何度か行った事があるのを思い出し、
「そうだ、マクロビオティックを学べば良いかも。」と、何故か、思いついたんです。

そこから先が、なかなか、長かったです。紆余曲折が、ありました。

・・・そして、やっと、今に至りました。

その辺は、プロフィール・ページに書いてある通りです。

こうして思い返すと、今までの人生の中で、何回か、伏線があったことに、気付きます。

ずっと求めていたものが、自然な形で、降りてきた・・・それが、私にとっての、「自然栄養セラピー」、と受け止めざるを得ないんです。

後半の人生は、これを追究して行こう!

私のように、困り果てた人が、すぐ、見つけられるように、広めたい!

そんな、現在の心境です。

またまた、長々と、なってしまいました。最後まで読んで頂いて、本当に、有難うございます♪

【関連記事】

ロンドン全域(フィンチリー、イーリング、グロスター・ロード、ドックランド、ハムステッド等)、ロンドン郊外(キングストン、リッチモンド、ステインズ、ウインブルドン、ブラックネル等)、ロンドン圏外(バーミンガム、ケンブリッジ、ブライトン、シャフツベリー、スコットランド、ドイツ等)からも、お越し頂いています。

コメントは受け付けていません。 | 作成者 : キンロス一美

2011年12月5日

カテゴリー:詳しいプロフィール

●自然療法の栄養セラピーとは、程遠かった、私の過去を打ち明けます。

こんにちは。自然療法の栄養セラピスト、キンロス一美です。

このところ、自然栄養セラピーとか、自然医療に、関心を持って、自分も学びたい、と言う方に、ぽこぽこ、巡りあうように、なりました。嬉しいです♪

そんな時、いつも受ける質問が、これ↓↓↓。

「なぜ、自然栄養セラピストになろうと思ったんですか?」

実は私、「この種の世界=自然医療、代替医療」の、まるで反対側に、長く生存しておりました。その頃は、まさか自分が、こういう世界に身を投じる、なんて、想像もしていなかった、、です。ええ。

だから、この辺で、プロフィール・ページでは書き切れない、

「なぜ私は、自然栄養セラピストを志すことになったのか。」

を書いてみることにしました。

私のような、まるで反対側に居た者でも、この世界は、温かく迎え入れてくれます♪

いつからでも、遅くない♪♪

お読みいただいて、それを実感いただき、自然栄養セラピーや、自然医療に、親しみや好もしさを感じていただければ、何より、幸いです。

********

はじめに

イギリスには、2005年に、やって来ました。それまでの50年間は、海外旅行とか、短期留学を除けば、

ず~っと日本在住。

そうそう、それから、「きんろす」は、芸名でも筆名でも無く、本名(イギリス人の、夫の姓)で、Kinrossと綴ります。スコットランド系の名前です。あ、私自身は、日本人ですので・・・写真で、明らかですね。

「50歳にもなって、よく決心したね。」と言われることがありますが、必然の成行き、としか思えない経緯(長~~くなるし、ブログのテーマと無関係なので、具体的内容は、省きます!)があって、自然の流れに乗って、やって来た(実際には、飛行機で来ましたが・・・)だけなんです。

そうして、引き続き、自然の流れに乗っていたら、気がついたら、自然栄養セラピーにたどり着いていた、という感じです。

以下、「食との関わり」「健康との関わり」にフォーカスして、履歴をつづってみます。

1.小さい頃は、ベジタリアン!

奈良に生まれ、育ちました。生まれた時は、かなりの、デブ子(デブ美?)!当時の「赤ちゃんコンクール」で優勝した、丸々と太って、顔の部品が、肉に埋まっている記念写真あり・・・。当時は、ぷっくりしているのが丈夫な赤ちゃん、っていう認識だったと推察されます!

小さい頃の写真、イギリスに持って来てないんです。だから「イメージ写真」。
$野菜中心の食生活では不充分!病気知らずになる為の自然栄養セラピーこれ↑は、娘が小さい頃の、娘と私ですが、私も小さい頃、ほぼ、こんな「丈夫な」子だったはず。

ぷっくりだけじゃなくて、実際に、ブンブンに健康で、それこそ、病気知らず。

それからそれから!!18歳で、大学で下宿生活を始めるまでは、「菜食」だったんですよ!

肉も魚も「怖い」・・・特に、肉を噛む感触が苦手。魚も、特に、尾頭付きなんて、食べると恨まれそうで、触りたくも無い。

だから、18歳までは、動物性もので食べたのは、卵と、乳製品と、あと、数の子やナマコ、っていう、「目が無いから、睨まれない」「全貌が想像できない」種類のもの。ハイカラに言うと、ほぼ、「ラクト・オヴォ・ベジタリアン」(ラクト=乳製品、オヴォ=卵)。

トレンドを先取りしている子供だった?

いやいや、そういうカッコイイことでは、全く無く、ただ、食べたくなかったんです。今も、ベジタリアンという訳ではありませんが、圧倒的に、穀菜食の比率が高いです。この頃から、本当は、そういう「根」があったのかもしれません・・・。振り返ってみたら、の話ですが。

料理は、祖母と母の担当で、私を含むその他の家族は、もっぱら、食べる担当。だから、料理、したこと無かったんです。そうそう、うちの高校は、「家庭科」と同じコマに「数Ⅲ」があって、どちらかの選択でした。・・・迷うことなく、数Ⅲを取ってました。

2.何でも食べ始めた、大学時代。

東京の下宿は、賄い付きで、すごく料理上手な、おばさまが、朝食と夕食を作ってくださいました。他人に作ってもらったら、食べない訳に行かず、仕方なく、恐る恐る、肉や魚を食べ始めたのであります。

大学三年生から、賄い無しの下宿に移り、自炊事始め!やってみると、料理は楽しくて♪料理本を参考に、色んな料理をし始めました。

ことに、ケーキを焼くのに凝ってしまい、毎日のように、砂糖やバターたっぷりのを、次々、焼いていました。「この頃、電気代が、やけに上がったんだけど、何かあった?」と、下宿のおばさまに、いぶかしがられた程。。

そのあげく、こんなに丸々・・・。
野菜中心の食生活では不充分!病気知らずになる為の自然栄養セラピーこの写真を発掘して、思わず、ギョッとしました!見苦しい・・・。

この時代も、「健康」を意識した記憶、ありません。うちの大学は、全員が「健康教育」という授業を学ばないといけなかったんですが、うざったい限りなので、友人に、代返を頼んでばかり。危うく、落としそうになって、教授に呼び出されましたし!

大学卒業時のパーティーの写真。
野菜中心の食生活では不充分!病気知らずになる為の自然栄養セラピー少しは、タイトになって来ていたみたいです。(ひそかに、ホッ・・)

3.働き出して、チョコレートで胃を壊した20代。

大学卒業後、早く、親から独立したくて、働き始めました。一方で、国際公務員になりたい、と、夜は、「津田国際研修センター」に通いました。時間が無いので、夕食代わりは、なんと

・・・あろうことか、

チョコレート!

全くもって、アホ 丸出し、です。

その結果、胃を壊しました。

当然の成行きだけど、最初は、なぜなのか、判らなかった、真性アホ(この頃は、アフォって言うの?!)!

その後、チョコレートはNGと判って、夕食代わりになるものを、換えました。

何にか、っていうと、いわゆる、ファーストフードに転換!マクドナルドや、ケンタッキー時代の幕開けとなりました。

もちろん、コカコーラだって、喜んで飲んていた、っていう証拠写真!
$野菜中心の食生活では不充分!病気知らずになる為の自然栄養セラピー

つまり、チョコレート事件を持ってしても、まだまだ、アホは、治らなかった、無知蒙昧・・・。

でも、若い=代謝が良い、元々、体が丈夫、っていうことに助けられたんでしょう。大過なく、時は過ぎる。

4.結婚~出産で、玄米&有機野菜に、目覚める。

多くの人が、自然食とか、有機野菜とか、そういうのに目覚める、一つのきっかけは、出産前後ではないでしょうか?

私がそうでした。

26歳で、前夫と結婚して、国際公務員の夢は諦めたものの、ずっとフルタイムで働くつもりでした。だから、せめて、娘には、母乳をたっぷり与えたい、と思ったんです。良質のおっぱいを製造せんと、玄米を沢山食べる、青魚は控える、出来るだけ、有機ものを食べる、等々を始めました。

「高品質おっぱい原料」を、せっせと食べました。そして、仕事から帰って、朝起きるまで、三時間ごとに授乳すること、都合、14ヶ月間、良いおっぱい(hopefully!)を出し続けたのでした。

$野菜中心の食生活では不充分!病気知らずになる為の自然栄養セラピー娘が7ヶ月頃の写真。真面目に育児に取り組む表情!?

子供のことになると、意識、こんなに変わるんです!自分でも驚き!!

5.働くことに全力投球して、幾星霜。やがて、外食バンバン、に。!!

その後も、有機野菜や玄米は、続けましたが、毎週、届けてくれていたお店が、商売転換をされたことで、自然消滅。

仕事が、日に日に忙しくなり、没頭するように。仕事は、「健康分野」=製薬会社でした。店頭医薬品や化粧品の、商品企画、マーケティング、新規ビジネス構築、などでした。自分が納得するまで、終わりの無い、そんな職種です。だから、残業は、日常的に。

料理は、大好きだったので、毎日、夕食や弁当は、作り続けました。でも、何しろ、時間が無い!夜の10時に帰ってから、夕飯作り、とか。おかげで、料理本のレシピを、我流に簡略化するのが、上手になった、かな。。

忙しくて、いつもバタバタし通しだけれど、健康診断では、いつも、オールA。よほど、元々の体が丈夫だったと想像できます・・・。

風邪を引いたら、風邪薬。あるいは、医者に直行。

病気を予防しよう、なんて考え、これっぽちも、浮かびもしなかった!

*******

いつの間にか、すっごく、長くなってしまいました。

この辺で、ちょっと休憩してください!

そして、もしよろしければ、後半の、「自然栄養セラピストを目指すに至る。」という部分に、お進みくださいませ♪

【関連記事】

ロンドン全域(フィンチリー、イーリング、グロスター・ロード、ドックランド、ハムステッド等)、ロンドン郊外(キングストン、リッチモンド、ステインズ、ウインブルドン、ブラックネル等)、ロンドン圏外(バーミンガム、ケンブリッジ、ブライトン、シャフツベリー、スコットランド、ドイツ等)からも、お越し頂いています。

コメントは受け付けていません。 | 作成者 : キンロス一美