ここにメッセージを入力してください。
赤文字サンプル
リンクサンプル
2013年7月5日

カテゴリー:生徒さん・患者さんのご感想

●食べてはいけないものは無い。

こんにちは。キンロス一美です。

突然ですが、昨日の夕食のメインは、メキシコ旅行以来、我が家の定番になった「プエブラ・モレ(風)」でした♪七面鳥の代わりに、チキンを使用。

$自然療法の栄養セラピー。自分に合った食べ方を見つけて、病気知らず!

「モレ」の横にあるのは、何と(!)大根葉チャーハン。^^

よく、菜食者と間違われがちですが、肉を食べない訳では無いんですよ。質の良い物を適正量、など、食べ方に気をつけて楽しめばよいと思っています。

魚も食べます♪

$自然療法の栄養セラピー。自分に合った食べ方を見つけて、病気知らず!

これは、何だかシッチャカメッチャカな一品ですが(笑)、ポテトの上に、レモン汁をたっぷりまぶした鯖の燻製、その上に、ピスト(ジェノベーゼ・ソース)が乗っかっています。

さて、5月の日本セミナー参加のこの方も、私と同じような考えですね。^^

現在、私も食にたずさわるお仕事をしていています。

「食べてはいけないものは無い。」というのが前提です。

主にダイエット・コンサルをするときに、お肉を食べていただくことをアドバイスすることがあります。

ですが、食べ過ぎてしまった方や、罪悪感をおぼえながら食べる方も、中にはいらっしゃるのです。

そういった方たちに、今回学んだ内容をお伝えできれば、安心してダイエットを継続してもらえるようになるな、と思います。

また、根拠が明確なので、私も、今後は、より自信を持ってお伝えできるようになります。

とても良い機会に学ばせていただけたと思います。

「体内環境師」の三浦直美さんです。

$自然療法の栄養セラピー。自分に合った食べ方を見つけて、病気知らず!

直美さん、ぼやけた写真ですみません・・・直美さんの美貌を前にして、カメラが震えたものと思われます。(^_^;)

どんな食べ方の工夫をしたら、何でも食べても良くなるのかは、これを見るとわかりますよ~^^

自然療法の栄養セラピー。自分に合った食べ方を見つけて、病気知らず!

今日、最終チェック用の現物が届いて、文字通り、最終チェック中です!

自然療法の栄養セラピー。自分に合った食べ方を見つけて、病気知らず!

10日の午後8時(イギリス時間では昼の12時)より、無料メール塾で販売開始させて頂きます♪

早くも、是非予約を、と言ってきて下る方が、相次いでいて、嬉しく、有り難く、光栄です。有難うございます!

【関連記事】

コメントは受け付けていません。 | 作成者 : キンロス一美

2013年7月3日

カテゴリー:DVD販売情報

こんにちは。自然療法の栄養セラピスト、キンロス一美です。

・肉は、お好きですか?食べ過ぎると、心臓病や癌を始めとする、大病になるのでは?という不安を持ちながら、結局は、毎日のように食べておられるのでは、ないでしょうか?

・あるいは、菜食(ベジタリアン)ですか?肉・魚を食べないことに、ご家族から不満が出ていたり、ご自身も、長い目で見て、本当に大丈夫なんだろうか、などの心配をされていませんか?

私自身、肉をよく食べていた頃もあるし、菜食だった頃もあったので、両方の不安を、経験しています。

でも、おかげさまで、今は、何の不安も、ありません!

私のように、これらの不安や心配を、スキッと、ぬぐい去って頂き、今後は、生涯にわたって、自信を持って、肉食でも、菜食でも、楽しめるようになってみたいと思いませんか?

そんな方のために、

DVD版「肉食と菜食のメリット・デメリットを知って、病気を防ぐ方法」

をお届けさせていただきます。

今年5月に大阪と東京で開催し、おかげさまで好評を得たセミナーを、DVD(2枚組み)にしたものです。

自然療法の栄養セラピー。自分に合った食べ方を見つけて、病気知らず!

このDVDをご覧いただくことで、

●成人病を寄せ付けない、肉・魚の上手な食べ方が、できるようになります。

●肉・魚の、積極的メリットだけを、目一杯、頂ける方法が、身につきます。

●体に悪い、肉・魚の食べ方をした後も、取り返しがつく方法が、分かります。

●野菜・果物のデメリットを避け、病気予防効果だけを、頂けるようになります。

●「栄養阻害物質」など、菜食時の、思わぬ危険を、かわせるようになります。

こんなに美味しそうな食事を楽しみながら、健康になれるのです。

$自然療法の栄養セラピー。自分に合った食べ方を見つけて、病気知らず!

★では、内容を紹介します。★

Disc 1:A.肉・魚(動物食)篇

1.まず、肉・魚(動物食)の実態を、正確につかんで頂きます。

・そもそも、人間(ヒト)は、「動物食」を食べるように、創られているのか。Yes、No両極端の諸説を、客観的に「斬る」ことから、始めます。

次に、その結論にもとづき、

・「動物食」の増加と、成人病や癌との関連性を、データで確認。
・「動物食」のデメリットは、どんなことなのか。何が怖いのか。
・では、「動物食」のメリットは?

等の、重要ポイントを、分かって頂きます。

2.肉・魚(動物食)のメリットだけを頂く、「安心な食べ方」の紹介。

デメリットを除き、メリットを強めるための、

・素材の選び方:種類、部位、加工法など
・下ごしらえ、料理方法、下ごしらえの工夫
・食べ方、メニューの工夫

など、翌日からすぐ、簡単に出来る、具体的手法の数々を、お教えします。

3.「安心な食べ方」が出来なかった時の、デメリット抹消対策を紹介。

いつも、「安心な食べ方」が、出来るとは、限りませんよね。そんな時に備え、

・食後に行う「奥の手」のあれこれ
・「安心な食べ方」が、なかなか出来ない人用の、日頃のケア法

の二方向で、何があっても、デメリットをかぶらない方法を、知って頂きます。

Disc 2:B.菜食(植物食)の実態を「たなおろし」する。

1.調理方法について、諸説ある中、一体、どう心得るべきか。

・ロー(生)じゃないと、酵素が壊れる?
・火を通さないと、体を冷やす?
・「危険」な調理方法って?

などの正しい認識で、迷いを無くしていただきます。

2.野菜の「力」を生かす、目からウロコの扱い方

・下準備、調理器具、保存方法などの、落とし穴
・加熱調理のポイント:絶対知っておいて欲しい、意外なNG集

3.穀菜食は、すべてヘルシーなのか?知らないと怖い、危険の紹介。

もちろん、それら危険の避け方を、お教えします。

C.血糖値を安定にする方法:特別追加

肉食であれ、菜食であれ、現代の食生活では、血糖値が不安定に、なりがち。知らぬ間に、糖尿病に向っているケースも、多々あります。

そこで、肉食の場合、菜食の場合、それぞれで、血糖値を安定にする「技」を、お教えします。

※前回セミナー時の「食事日記」の分析から、是非、追加したい、と考えた項目です。

●では、ご参考のため、DVDの元になったセミナー受講者の方のご感想を、一部、ご紹介します。

TKさんの場合

◇参加前の期待

佳豆美(一美)さんのメッセージ、コンセプト、哲学に、一目ぼれしました。

求めていた内容、疑問点が解決したと思うくらいの出会いです。

ブログ・テーマの「自分に合った食べ方を見つけて病気知らず」、セミナー・テーマの「肉食と菜食の、メリット・デメリットを知って、病気を防ぐ方法」これです!

これで、全ての悩みがなくなるという予感がします。

◇参加されてのご感想

本当に参加できて良かったです!

「プラスの食べ方」を知ることが出来て、益々美味しく食べることができます。

お腹が最近張ってきたりしているので、菜食の危険の中に、大きな気付きがありました。

次から次へと話される内容に、釘づけでした。

知って得することばかりで、興奮でした。

お話が目の前で聞けて、とてもうれしかったです。

STさんの場合

◇参加前の期待

前回、惜しくも逃してしまったので、今回はと意気込んでおります。

とにかく、先生にお目にかかってお話を伺いたい!

ファンです。

◇参加されてのご感想

ありがとうございました!思い返しても、素晴らしく素敵なひとときでした。

明らかに、その後の暮らしに対する意識が変わりました。

これまでは、お腹がすいたら穀類で満たすような自堕落を繰返していました。

それが、セミナーで習った方法を始めたら、明らかに体調がよくなったんです。

先生、凄いです!

自然療法の栄養セラピー。自分に合った食べ方を見つけて、病気知らず!

NFさんの場合

◇参加前の期待

前回のセミナー(昨年12月)では、私の最も気になるところ、美味しく食べても太らない間食の方法をご指導いただいて、本当に勉強になりました。・知りたいところをサクサクと惜しげもなくレクチャーしていただけ、

・その後のフォローも、プレミアム・メルマガなどで共有できるところは、

本当に、佳豆美さんのお人柄だからこそできることと、ちょっと感動ものでした。

(※注:プレミアム・メルマガ=レッスン、セミナー、個人相談に来てくださる方限定のメルマガ。今回のDVDご購入者様たちも、リストに加えさせていただきます♪)

今回は、まさに家族のため!結果、自分の為になることでしょうけど^^

まだまだ育ち盛りの主人ですので、夕食時に、肉か魚が不可欠です。たまに、動物性ゼロの日を設けてはみるのですが、食べっぷりが、、、笑。

文句は言わないのですが、なんだか夕食を楽しみに帰ってきて、これでは可哀想な気もする。。

昼は定食ランチで、必ず豚肉や焼き魚を食べているのは間違いない。ならば、やはり動物性ゼロの日を積極的に取り入れなければならない?

ずっと続いているこの押し問答をどうにかしたいと思い、参加します。

◇参加されてのご感想

今回もノンストップで講義していただけ、とても実り多い時間を過ごすことができました。有難うございました。

動物性に対するデメリットが気になりながら、毎日の食卓に欠かせないジレンマもあり、どうすれば良いのか悩んでいたところでした。

だから、このセミナーは、本当にナイス・タイミングでした。

メリット、デメリット、適正量や調理法、そしてデメリットを回避できる方法さえ分かっていれば、決して臆することないのだ、と思いました。

佳豆美さんのセミナーは、自分でちゃんと考えられる力を与えてもらえます。献立の考えに大きくヒント!がありました。何かスッキリしました!

また次回を楽しみにしています!!!

YAさんの場合

◇参加前の期待

自身や主人が健康になるために必要な食について、学びたく思いました。病気で苦しむ、悩む、という時間、時期を過ごしたくないし、もったいないと思います。

◇参加されてのご感想

今、知りたかったことを、セミナーで知ることが出来て、大変良かったです。本を読んで、それなりに実践していましたが、それで良いのか不安でした。

今日のセミナーで教えて頂いたことを、是非是非、実行します!

奥の手、レシピ、デトックスも有難かったです。

まさに、「いいとこどり」ですね♪

自然療法の栄養セラピー。自分に合った食べ方を見つけて、病気知らず!

KUさんの場合

◇参加前の期待

前回(昨年12月)セミナーのおかげで、身内に不幸があり、大崩れの食生活にはなりましたが、それをカバーする方法を教えていただいていたので、何とかなりました。今回も、より良い食生活の知識を、もっと頂きたいと思い、参加させていただきます。

◇参加されてのご感想

前回のセミナー受講後から、食生活が変わりました。

今回教えて頂いたことを早速、今日から生かして行くと、もっと結果がでるはず!

毎日の献立の中心は、肉・魚になっているので、その肉と魚を「上手に食べる方法」を教えて頂いたことで、安心して食べることができます。レシピもうれしいです。

菜食のデメリットについては、知りませんでしたし、考えたこともありませんでした。役に立ちます!

また、私の課題の「甘味対策」もがんばれそうです。

改めまして、参加者の皆様、熱心なご参加と、ご厚意あふれるご感想の数々、本当に有難うございました♪

このDVD、こんなパッケージに入っているんですよ♪$自然療法の栄養セラピー。自分に合った食べ方を見つけて、病気知らず!
さて、実は、セミナー前後に、こんなお声をいただきました。

「九州在住。遠すぎて行けなかった、残念。。」

「主人の都合を確認している間に、満席になっていた、悔しい!」

「ブログやメルマガで、参加者の満足の声を見るたびに、行けば良かったと後悔しています。」

今更言うまでも無く、私は、普段はイギリスに住んでいて、日本には、年に二回、10日~二週間ずつくらいしか、滞在しません。だから、日本セミナーの機会は、非常に限られています。

でも、DVDなら、このような方々にも、セミナー参加と同様のメリットを得ていただけます♪

それから、ご感想からもおわかりのように、セミナーは、ギッシリ・ミッチリな内容でした。何しろ、半年に一度しかセミナーが出来ないので、差し上げたい情報、テンコ盛り!

DVDだと、好きな所で止めたり、気になる所を何度も見直したり出来て、自分に最適のスピードで、とことん、学びつくせる、というメリットもあります♪

◆しかも、レジュメ付きです。

編集の工夫で、各スライドが、くっきりと、そして充分な時間映っていますので、DVDだけで、理解はできるはず。でも、復習などのために、と、スライドのpdf版も、差し上げます。

$自然療法の栄養セラピー。自分に合った食べ方を見つけて、病気知らず!

全96ページあります。

◆ご購入と同時に、プレミアム・メルマガ送付リストに加えさせていただき、ブログや無料メール塾以上に「濃い」状報をお届けします。

◆ご質問も、回数制限無しで、受付させて頂きます(ただし、プレミアム・メルマガでシェアしてお答えできる内容。個別の健康相談は、恐れ入りますが、個人相談を受診くださいませ)。

◆個人相談や、以降のセミナーを、リピート割引(10%)で受けていただけます。

これで安心して、好きな物が食べられる・・・

と安堵のため息をいただけるであろう、

「肉食と菜食の、メリット・デメリットを知って、病気を防ぐ方法」DVD2枚組

◆お値段は、20000円です。(送料は無料です。)

◆発送は、DVDの撮影、編集をしてくださった、TKデザインの高橋さんが、責任を持って、担当してくださいます。

自然療法の栄養セラピー。自分に合った食べ方を見つけて、病気知らず!

(言うまでも無く、右側が高橋さん!)

DVD版「肉食と菜食のメリット・デメリットを知って、病気を防ぐ方法」、ご購入は、こちらからどうぞ♪

※リンクをクリックいただくと、「Infocart ご購入画面」が出て来ます。「電子出版・ダウンロード商品販売」という商品分類になっていますが、間違いありませんので、こちらで、お手続きをお勧めくださいませ。

※ご記入いただくメールアドレスは、携帯アドレスだと、連絡がつけにくくなる可能性があるとのこと。また、プレミアム・メルマガが届かないケースも多く出ております。恐縮ですが、PCアドレスでお願いいたします。

※Infocartで、うまく手続きが出来ない、という声を、数名様から頂いております。そういう場合は、お手数ですが、info@shokujihou.jpまで、ご連絡くださいませ。

 ・日本在住の方には、私の日本の銀行口座に振り込んでいただくことで、ご購入手続きを取らせていただきます。
 ・イギリスを始め、海外在住の方には、私のイギリスの銀行口座に、ポンド建てで振り込んでいただけるようにいたします。

※その他、手続き方法で、うまく行かない場合など、ご遠慮なく、info@shokujihou.jpまで、ご連絡くださいませ。

では、このDVDで、もう不安も迷いもなく、好きなものを美味しく食べられるようになってください♪

【関連記事】

コメントは受け付けていません。 | 作成者 : キンロス一美

2013年7月3日

カテゴリー:生徒さん・患者さんのご感想

●育ち盛りの子には、お肉やお魚をたくさん食べさせなきゃ!

こんにちは。キンロス一美です。

私のレッスンやセミナーに来てくださる方々の悩みは、コレステロール、ホルモン、体調、自律神経、更年期障害、などが多いです。

あとは、アレルギー。

そんな中、育ち盛りのお子さんのことを考えて、5月の日本セミナーに参加してくださった方が、おられます。

セミナー直後にいただいたご感想は、

育ち盛りの子がいるので、お肉やお魚をたくさん食べさせなきゃ!とずっと思っていました。

それが、セミナーで、単に量を食べさせるのではなく、質で選んで食す、と改めて思い知りました。

油を使っても安全な調理法も、とてもおいしそうな案を教えていただきました。

食べること、作ることが、より楽しくなれそうです。

家に帰って調理するのが、楽しみです。

確かに、成長期のお子さん、特に食べ盛りの男の子は、エネルギー源も、蛋白質も、たっぷり必要ですものね。

いやいや、女の子だって、あなどれません!!?

ちなみに、うちの娘は、小学校高学年に、それこそ、馬のように、モリモリ食べました。

さてさて、エネルギー源として、手っ取り早いのは、砂糖!

ティーンの男の子って、ソフト・ドリンク、しかもカフェイン入りのソフト・ドリンクが、大好きじゃないでしょうか?

私が言いたい「質の良さ」を集約すると、次の3点です。

・血糖値を上げ過ぎない。

・添加物まみれになっていない。

・飽和脂肪酸の摂りすぎにならず、不飽和脂肪酸、中でもω3を、相対的に多く摂れる。

この方は、そういうことも含めて、

よし、やるぞ!

みたいな気持ちになって、極めて具体的なヒントを持ち帰ってくださったんだ、良かった良かった、と喜んでいたんです。

ところが・・・少し経ってから、あれれ、っていうメッセージが届きました。他の方にも、充分、そういうことが起こり得るはず!

一体どうしてしまわれたのか、そしてそれは、収集がついたのか。。

金曜日の無料メール塾で、解明しますよ♪

【関連記事】

コメントは受け付けていません。 | 作成者 : キンロス一美

2013年6月27日

カテゴリー:生徒さん・患者さんのご感想

●宝物みたいな、力作テキストを持って行きます。

こんにちは。自然療法の栄養セラピスト、キンロス一美です。

イギリス永住組の私は、これまでもう、何人もの駐在組の人たちを、見送って来ました。

うたかたの付き合い、

一生、付き合えるわけじゃない、

分かっていても、別れが突然やってくると、嗚呼、また一人、行ってしまうのね、と・・・きゅん、と胸が痛みます。

今回は、レッスンに来てくださっていた、YAさんが、ご主人の転勤で、イギリスを離れ、次の赴任先に旅立たれます。。

新春特別セミナーに、まず、お越しになり、引き続き、レッスン1~5を、まとめてお申込みくださって、片道2時間近くかけてでしょうか、レッスン4まで、一回も欠かさずに、熱心に通ってくださいました。

レッスン5の日には、もう、イギリスにおられません。だから、テレフォン・レッスンをさせて頂きました。

その時の、彼女の言葉は・・・

半年前、ここに来るまでは、全く、何にも判っちゃいなかった。

・以前は、毎日、煙もうもうさせて、何でも揚げ物。

・甘いものも、一杯。

・料理は、何にでも砂糖を入れていた。

それが、今では、食生活のベースが、確実に上がった。今は、何を、どう料理したらよいのか、どんなものを主に食べていけば良いのか、分かるようになった!

同じ時期から通っていた方から、「どんどん、知識レベルが、飛躍的に上がっている!」と誉められた♪

佳豆美さんからもらった、宝物みたいな、力作テキストを持って行きます。そして、時々、取り出して、拝みます。

YAさん、

うう、うううう、、寂しいですぅ。。

でも、ちょうど良いタイミングで、来て頂いたのかな、と思うんです。

ご縁でした!

お役に立てて良かった・・・。

テキストのことを、宝物みたい、なんて言って頂いて、本当に光栄です。

でも、YAさん、あの、、テキストは、お仏壇じゃないので、、拝んでもらう必要は、ありません(^_^;)

時々、取り出して、赤線を入れたところとか、気になるところを見直してみてくださいね。

そして、辛いことがあったら、いつでもイギリスに戻って来てください~。いや、何かわからないことが出てきたら、いつでもメールくださいね!

あ、今度こそ、スカイプの設定をしてもらって、お喋りしましょう♪♪

【関連記事】

コメントは受け付けていません。 | 作成者 : キンロス一美

2013年6月25日

カテゴリー:生徒さん・患者さんのご感想

●味噌と醤油で盛り上がっていました。

こんにちは。自然療法の栄養セラピスト、キンロス一美です。

レッスンやセミナーへの参加者の方々限定で発行している「プレミアム・メルマガ」で、最近、盛り上がっていた話題が、

「味噌や醤油商品の中で、明らかに、麹が含まれているはずなのに、原材料の一つとして、表示されていないのは、何故なのか?」

でした。

簡単に言うと、少量の場合は、表示しなくても良い、ということなんです。でも、何だかかえって、紛らわしい・・・。信頼できるメーカーを見極める目を持つのが必要っていうことでしょうね。

この件、私に成り代わって、メーカーに電話までして、徹底究明くださった方が、おられるんです。

聖名さん(みなさん)、改めまして、有難うございます!

$自然療法の栄養セラピー。自分に合った食べ方を見つけて、病気知らず!

5月の日本セミナーにもお越しくださったのですが、そのご感想を披露させてください。

実は、セミナーの内容をきっちりマスター出来る様に あれから何度も頂いた資料を読み返しています。

12月の分も!

私の大切なバイブル的存在になっています!

その割には まだまだマスターしきれていないのですが、また新たな疑問がわいてきましたら、是非質問させてくださいませ。

(質問させていただける。というのも本当にうれしいです)

主人にもかいつまんで説明しています。

佳豆美さんのセミナーに参加してから、私が作る家での料理、そして主人がつくるお店のお料理共に、考え方も含めて確実に、変化してきていると思います。

それも 加速度的に!!

先日も久しぶりに来られたお客様から 「お料理変わったのね」と言われ、恐る恐る

「どうですか?」

と尋ねてみましたら、

「とても良かったわ。」

といってもらえました。

良いと感じる方、前の方が良かったと感じる方 当然 両方あるでしょうね。

でも、変化は、私達にとって、確実に前進しているという事なので、私は良かったと思っています。

お店を始めてから 子供も小さくて 何かと忙しく、あまりよそへ 出歩くこともなくなっていたのですが、去年の12月のセミナーは なぜか お店を休んででも参加したい!と強く思い、主人も賛成してくれたので、参加できました。 

お店を休んで、というのは自分にとって初めての試みで、ちょっとした冒険でした。

それまで 本を読んだりして自分なりに勉強しようとしていましたが、やはり、じかに先生にお会いして 習う事の素晴らしさを体験できました。

佳豆美さんのセミナー受講をきっかけに 私達の何かが確実に変わったと思います。

沢山いらっしゃる生徒さん達の一受講生ですが いつも親身にお答え下さり、感謝しています。

そしてこれからも佳豆美さんをみならって前進して行きたいと思います。

今後共 どうぞよろしくお願い致します!

いやいや・・・光栄ですが、責任重大です!!

以前と今とで、お料理がどんな風に変貌を遂げたのか、実際にこの舌で、ビフォア&アフターを味わってみたいと思いませんか?!?

興味津々!

そんな機会を、是非是非、持ってみたいものです。^^

聖名さんは、神戸の、自然派フレンチ・レストラン「ヒマワリ」のマダムです。

このブログでも、何度かご紹介しているので、あ、あそこのあの方、って思い出されたかもしれませんね♪

【関連記事】

コメントは受け付けていません。 | 作成者 : キンロス一美