ここにメッセージを入力してください。
赤文字サンプル
リンクサンプル

こんな食べもの、あんな食べ物

2014年2月23日

カテゴリー:こんな食べもの、あんな食べ物

●子どもが生まれてからは、なんとなくマクロビ??(笑)な生活です。

こんにちは。キンロス一美です。

先日、ブログに読者登録いただいた方から、登録時にいただいたメッセージを見て、30年前にタイムスリップ・・・。

download (1)

(フリーフォトのイメージ写真です。)

こんにちは!

いつも楽しくブログを拝見しています☆

私は出産前までマクロビ生活してました!

子どもが生まれてからは、玄米を食べさせることができず、なんとなくマクロビ??(笑)な生活です。

まだ小さくて、消化器官が発達しきれていないので、玄米が重いです。

よく噛まないので 玄米を食べると便秘か、便の調子が悪くなってしまいます。そこで今は5分づきにしたりしています。

丸山ゆうこさん

私には、現在31才の娘(東京在住)がいるのですが、離乳食、どうしてたかな・・・って遠い過去を思い出そうとしました。

桶谷式の母乳育児をしていたので、娘が生後14ヶ月になって、やっとしっかり歩き出したタイミングまで、主として母乳でした。

離乳食は、多分、胚芽米とか分搗き米を使っていたような記憶が、かすかによみがえって来ました。あの頃は、赤ちゃんに良い食事を、って、何も知らないなりに、考えていたと思うのですが、ほんと、何も知りませんでしたね。。

download

(フリーフォトのイメージ写真。娘ではありません!)

さて、玄米、ゆうこさんがお書きのように、いくら柔らかく炊いても、消化がうまく行かないと、アレルギーの原因になるといけないし、よくよく噛めるようになるまでは、控えるのが安心ですよね。

今ならどうするだろう・・・。

よくよく噛めるようになっても、安全を見て、発芽玄米とか、発酵玄米から始めるか、あるいは、やっぱり、分搗き米から始めるかな。

5月日本セミナーは、「基本篇」と「上級篇」の2本を計画していますが、「基本篇」では、こういうことも含めれば良いのかな、って、ヒントになりました♪

ゆうこさん、有難うございます!

【関連記事】

コメントは受け付けていません。 | 作成者 : キンロス一美

2014年2月17日

カテゴリー:こんな食べもの、あんな食べ物

●グルテン・アレルギーでも、小麦アレルギーでも無いけれど、食べ過ぎないようにしています。

こんにちは。キンロス一美です。

キヌア・フラワー(雑穀のキヌアを粉にしたもの)8割、小麦粉2割で、ニョッキを作ってみました♪

001

西洋では、グルテンや小麦のアレルギーや過敏症が、非常に多いです。

キヌア・フラワーは、小麦粉に代わる粉の一つですが、なかなか売ってない。。

近くのヘルスフード・ショップで発見したので、早速買って、試してみたんですが、癖のない味で、言われなければ、いえ、言われても、小麦粉じゃないって、全然わかりません。

西洋では、グルテンのアレルギーや過敏症が、非常に多いです。だから、どのスーパーでも、グルテン・フリーのコーナーがあるんですが、グルテン・フリーのパン、ビスケットなど、加工食品が、たくさん。。

でも、そういうのって、大体において、あんまりおいしくないし、グルテンは入っていなくても、砂糖がテンコ盛りだったりして、油断がならないです。。

このニョッキみたいに、簡単なレシピだと、料理が得意じゃない人でも、自分で一から作れば、かなりおいしいものが、お手軽に出来ますよ♪

004

アツアツに温められた後、盛り付けを待っている、大好きなお皿♪

さて、小麦粉代わりになるのは、他には、グラム・フラワー(ひよこ豆の粉)、そば粉、きび粉など。

一般スーパーでは、ちょっと難しいですが、ヘルスフード・ショップやネット・ショップで手に入ります。

あっと気がつけば、日本人でも、朝からパン、昼はうどん、夜はスパゲッティ、みたいに、三食とも小麦粉生活の人もいるのでは?!

食べ過ぎると、過敏症になる可能性もあるし、たまには、ゲーム感覚で、小麦粉じゃない粉を試してみても、楽しいですよ。

小麦粉や、他のアレルギーになり易い食材と対策は、こちらでタップリ、どうぞ♪

【関連記事】

コメントは受け付けていません。 | 作成者 : キンロス一美

2014年2月17日

カテゴリー:こんな食べもの、あんな食べ物

●牛乳が合わない場合は、ナッツ・ミルクを自分で作る手もあります。

こんにちは。キンロス一美です。

マグに入っているのは、アーモンド・ミルクとココア・パウダーで作った、ホット・チョコレートです♪

029

 アーモンド・ミルクは、今朝作ったばかりの、そう、ピュアなお手製♪

013

ガーゼとかチーズ・クロスで漉す(こす)と、それらを洗って干して、っていうのが面倒だし、何だか不潔チックに思えて、目の詰まったザルを使っています。スパチュラを、ザルにうんしょ、うんしょ、と押し付けて、液をしぼり取るんです。

014

しぼりカスは、取り敢えず冷蔵庫に入れて、明日どうするか、決めます。

冷凍庫に入れて、次回のしぼりカスと合わせた上で、低温オーブンで乾かして、アーモンド・フラワーにするか、それとも、すぐにクッキーでも焼くか、明日の気分次第。。

日本では、代替牛乳≒豆乳みたいですが、イギリスには、アーモンド・ミルク、ヘーゼルナッツ・ミルク、ヘンプ・ミルク、オート・ミルク、ココナッツ・ミルク(タイ料理用の濃いのではなく、飲用)等、色んなのが売ってます。

でも、大体において、何それ?っていうような成分が盛り込まれていて、オーガニックものと言っても、混ぜ物の味は、否めない。

自分で作ると、保存剤を入れないから、冷蔵庫に入れても3日くらいしか持ちません。

でも、いや、だから、ほんとにピュアな味がします♪

作り方は、えらく簡単!アーモンドを一晩、水に浸しておいて、翌日、水は捨て、アーモンドの倍量程度の水を新たに加えて、ブレンダーでガガガ~!

それを、こしたら出来上がり。^^

私は、イギリスに来てから、だから、50才にして初めて、牛乳が合わないことがわかって、それ以来、牛乳は飲んでいません。たまに、もう大丈夫かな、って試したら、必ず、オェッ(失礼。。)ってなるので、ほんとにダメ。。

牛乳がダメな人には、まず、何に牛乳が必要なのか、考えてもらいます。すると、大抵の場合、そんなに必要性が高いことがわかるんですよね。。

どうしても必要な時は、牛乳とは味は違うにしても、ナッツミルクっていう手もありますからね♪

ブレンダーさえあれば、ほんっとに簡単に出来ますよ。

【関連記事】

コメントは受け付けていません。 | 作成者 : キンロス一美

2014年2月14日

カテゴリー:こんな食べもの、あんな食べ物

●バレンタインとチョコレートに必然の関係は無くて、むしろお花かな。

こんにちは。キンロス一美です。

今朝も早よから、ガレージに入って、ごそごそ音をさせている夫・・・。

あ、花が隠してあるんだな?!

013

ご明察!

今年のバレンタイン・デーは、白い百合でした。

どうもうちの夫、私が一番好きな花は百合と思い込んでる形跡があるんですが、、ま、良しとしましょう。

玄関に白い花を置くと、好運を呼びこむらしいので、先日買って、まだ元気な白いトルコききょうと一緒に、がんばってもらうことにします♪

ところで、イギリスは、日本のように義理チョコ交換の嵐、みたいなことも、女子から男子に告白するっていうこともありません。

でも、ただでさえピンクが大好きなイギリス人女性(と理解しています)なので、バレンタイン・デー=ピンクみたいないイメージはあって、街中がピンク。

ピンクって、ほとんどの女性が好きな色ですよね?私も例にもれずです。その証拠に、座ったまま見回しただけで、ピンクのもの、これだけありました!

011 

Love Me Trulyのティーは、この間のテディントンのヘルス・フード・ショップで買ったもの。シナモン、ジンジャー、クローブなどが、かなりパンチの有る味を出しているチャイ。

そうか、真実の愛は、こんなにも濃厚な味なのだ、と思い知りました!

【関連記事】

コメントは受け付けていません。 | 作成者 : キンロス一美

2014年1月21日

カテゴリー:こんな食べもの、あんな食べ物

●人体実験は完了し、甘味料は許せる範囲かな、という結論です。

こんにちは。キンロス一美です。

この、ある日の「さもない簡単ご飯」をご覧ください。何やら「?」なものが写っているでしょ。

009

これは、配膳後の私の分ですが、一番向こう側のグラス。

010

はい。例のチョコパスタ、食べてみました。

011

デイルズフォードのとろとろヨーグルトで和えて、エルダーベリー・シロップを垂らしました。

ヨーグルトで、ずいぶん甘さが緩和されたかな、と思うんですが、やっぱりチョコレートをパスタに入れるっていうのは、どんなもんか。。

私「どう、これ?」

夫「う~ん、まずまず(so so)、かな。」

彼が、甘い物に対して「まずまず」という時は、「おいしくない」という意味です。一応、英国紳士なので、婉曲(えんきょく)表現を使うという訳なのです。

また買って、っていうリクエストは、ありませんでした・・・。

甘さは、そこまで凄いものではなかったし、添加物テンコ盛りでもなかったので、この種のものとしては、やっぱり、まずまずでしょうか。

そうそう、DVDをお求めいただいたFさんから、良いと思って選んでいた減塩醤油の表示を点検したら、砂糖が入っていた、とメールをいただきました。

はい、、油断なりません。

砂糖を入れて甘くすることで、癖にならせようというような、そんな狙いと、減塩の分、保存力を増すためとで、砂糖入りなんだと思うのですが・・・。

加工品は、表示をよく見て、どんなシロモノなのかわかった上で、納得づくで選びましょうね。

 

【関連記事】

コメントは受け付けていません。 | 作成者 : キンロス一美

2 / 212