ここにメッセージを入力してください。
赤文字サンプル
リンクサンプル

生徒さん・患者さんのご感想

2012年11月24日

カテゴリー:生徒さん・患者さんのご感想

●アラフィフは、一つの気付きポイント。

こんにちは。自然療法の栄養セラピスト、キンロス一美(Kazumi Kinross-M, BA, Dip.CNM)です。

私の体調が、確実に崩れたのは、50歳ジャストですが、その少し前から、実は、何だかおかしかったんですよ・・・消化がうまく行かなくなって来ていたんです。

今なら、何故なのか、すぐにピンと来るんですが、当時は、もちろん、闇の中!

FMさんの「日本セミナー参加の理由」を拝見して、やっぱり、アラフィフの頃って、体調が変わり始め、そして、それを機会に、食のことを見直す、ターニングポイント、と、改めて思いました。

以下、FMさんからのメッセージです。

私はハンドルネーム○○○○○○で、以前Mixiで何度かやりとりをさせていただいたものです。 

その当時から、お会いできる機会があればいいな、と漠然と思っておりました。 

今回の東京でのセミナー開催は絶好の機会、と思い、申込みをさせていただきました。 

私は食べることが大好きです。 

自分で料理をしないくせに、今でも月一回ほど料理教室に通っていますし、レシピ本を読んだり、料理番組をみるのが好きです(笑)。

気ままな一人暮らしなので、「作らなけばいけない」という状況に追い込まれないから、と自分に言い訳をする日々ですが、アラフィフに差し掛かり、そろそろちゃんと考えないと思っております。 

3食ともほとんど炭水化物ばかりのような食生活をしておりますが、とても健康で体力もあり、これまで病気とは無縁の人生を送ってきました。 

ですが、こんな食生活、いつかどこかで絶対悪影響がでてくるはず、とも確信していますので、私のようなズボラな人間でも実践できる何かTipsのようなものを得たいと思っております。
 
そして何より、これから太り始めるでしょうから(お腹周りなんとかしたいです)、健康的に防げる方法を知りたいです。 

太るというのは細胞がTurnoverしなくなる、つまり老化の過程で起きる不可抗力と考えていたので、食生活で少しでも改善ができたらと思っています。 

当日お会いできますことを楽しみにしております。

FMさん!!!私自身の姿がダブります!私もそんな感じでした!!料理教室は、苦手だったので、通ってはいなかったけれど、レシピ本のコレクター(笑)でしたし。

・ほとんど炭水化物ばかりのような食生活
・お腹周りに、脂肪が忍び寄っているもよう

という2点に、注目(@_@)しました。年齢的な、女性ホルモンの変化も、ありますよね。

それと、ストレスが高くは無いですか?

細胞がターンオーバーしなくなったら・・・それは、癌ですよ∑(゚Д゚)

だから、太るのは、別の理由です。

・炭水化物ばかりから、食べ物の構成を変える。
・肝臓の解毒作用をサポートする。
・ストレスのサポートもする。

っていうのを意識すれば、はっきり言って、今の問題点、解決出来るはずです。

やっとお会い出来て、そして、お話できるのが、楽しみで、わっくわくです♪♪♪

See you soon♪

【関連記事】

ロンドン全域(フィンチリー、イーリング、グロスター・ロード、ドックランド、ハムステッド等)、ロンドン郊外(キングストン、リッチモンド、ステインズ、ウインブルドン、ブラックネル等)、ロンドン圏外(バーミンガム、ケンブリッジ、ブライトン、シャフツベリー、スコットランド、ドイツ等)からも、お越し頂いています。

コメントは受け付けていません。 | 作成者 : キンロス一美

2012年11月23日

カテゴリー:生徒さん・患者さんのご感想

●パーソナルで多角的な、食事相談!

こんにちは。自然療法の栄養セラピスト、キンロス一美(Kazumi Kinross-M, BA, Dip.CNM)です。

私が、自宅塾を始めたのは、ある友人に、マクロビオティックを教えて欲しい、と言われたのが、きっかけです。

既に、マクロビオティックを数年間、かなりミッチリ学び、実践し、でも、マクロビオティックだけでは、どうも違う・・・と、試行錯誤し、ヨーロッパ薬膳にも、手をつけていました。

そして、とうとう、大学で、本格的に、栄養医学を学び始め、より納得できる食生活を追求すると同時に、栄養セラピストを目指し出していました。

そんなタイミングでした。

今回の日本セミナー、東京の回(12月8日)には、私と似たことを目指しておられる方も、来てくださいます。

SAI diningのfanifaniさんです。参加の理由を、教えてくださいました。

かずみさんのされていることが、私の目指すところの、パーソナルで多角的な、食事相談だからなんです。

私が薬膳を勉強したのも、一概にこれが体にいいから、という最近の健康ブームが違う、と感じていて、体質や年齢や生活習慣で、みんな合う健康法って、違うと思うんです。

で、薬膳も人の証を見てこんな食事がいいよってするわけですが、それを西洋医学的、科学的な見方でやるとどうなるんだろうということに興味がありまして。

いつかは、かずみさんが勉強された、自然栄養療法(?)の勉強もしたいのですが、いかんせん、アメリカやイギリスに留学というのもハードルが高く、ぎゅっと凝縮したかずみさんのセミナーを受けてみたかったんです。

本当なら自宅塾で全部のモジュールを受けたいんですよ!

fanifaniさんは、次々と、クリエイティブなレシピを開発されていて、ブログのプロフィールでも判るように、数々の賞をもらっておられます。そして、ご自宅で、「薬膳おもてなし料理」の、素晴らしい教室を開いておられるんです。

っていうと、かなりの年配か、と思われるかもしれませんが、私の娘とほぼ同じ年齢。

「パーソナルで多角的な、食事相談」・・・私のやりたいこと、実に見事に表現してくださいました。

私にとって、栄養セラピストは、いわゆる「セカンド・キャリア」ですが、fanifaniさんは、どしん、と、ファースト・キャリア、ですよね?

どんどん、発展しておられる様子が、本当に眩しい~~

:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

そして、そんな方が、私のセミナーに参加くださるっていうのは、光栄の至りです!

現在、日本セミナー用の、レジュメやら、特典シート類やらの、最終完成中。特典の一つの、イギリス特選土産たちも、今日、これから、最後アイテムを買出しに行く所です。

がんばります♪

【関連記事】

ロンドン全域(フィンチリー、イーリング、グロスター・ロード、ドックランド、ハムステッド等)、ロンドン郊外(キングストン、リッチモンド、ステインズ、ウインブルドン、ブラックネル等)、ロンドン圏外(バーミンガム、ケンブリッジ、ブライトン、シャフツベリー、スコットランド、ドイツ等)からも、お越し頂いています。

コメントは受け付けていません。 | 作成者 : キンロス一美

2012年11月22日

カテゴリー:生徒さん・患者さんのご感想

●「あと少し、頑張ります。」=「すっごく頑張る。」と翻訳します。

こんにちは。自然療法の栄養セラピスト、キンロス一美(Kazumi Kinross-M, BA, Dip.CNM)です。

さて、自宅塾でのグループ授業は、生徒さん達の知識レベルに、大きくギャップがある場合が、あります。

ギャップがあったとしても、食と健康への興味は共通しているので、大変好ましい、グループ・ダイナミズムが生まれて、参加される方も、私も、すごく楽しいんです♪

基本姿勢は、「知識が全く無くても、理解してもらえるように、丁寧に説明をする。」です。

そして、既に、ある程度以上の知識を持っている人には、時々、その人に向かって、詳しい説明を差し挟んだり、後でフォローしたり。でも、知っていることばかり、聞くことになって、退屈かな。。

学校の先生は、そういうの、どうされてるんだろう?と、クロエさん(注:日本人女性!自宅塾の生徒さんです。)に、アドバイスを請いました。

彼女は、更に上の資格を取ろうとされていて、つい先日まで、日本で教育実習をされていた、向上心が服を着たような方!

頂いたお返事を、クロエさんが、以前くださった、美味し~~い緑茶を頂きながら、読ませていただきました。クロエさん、改めて有難うございます。^^
$自然療法の栄養セラピー。自分に合った食べ方を見つけて、病気知らず!

では、クロエさん、どうぞ♪

佳豆美先生へ

いつも温かい言葉をかけてくださりありがとうございます。

先生と分野は違いますが、卒業までやっと手が届くところまで来ました。

あと少し、頑張ります。

私は、知っていることが、ちょっとあっても、忘れていることが多く^_^;、「あ~!」と思い出すことができるので、何度も先生から習いたいです(笑) 

何をおっしゃいますか~、テクニックを指南など、大先生(←佳豆美先生のことです!)にはできません~(@_@;)

それから、今回日本に帰ってきて思ったのですが、イギリスのようにオーガニック製品が手に入りにくな、と感じました。

35年も日本に住んでいたのに何をいまさら・・・と自分でも思いますが、甘党の私ですが、自分で作る以外、食べるお菓子がないと改めて感じました。(食べなければいいのですが^_^;)

ではでは、11月24日の授業も、楽しみにしています。よろしくお願いします。

以上です。

では、私からのお返事です。

真面目で謙虚なクロエさん、、。「あと少し、頑張ります。」っていうことは、つまり、「すっご~~く、頑張りまっす!!!」って言う意味ですよね。陰ながら応援してますからね!!!

ところで、クロエさん!

・先生って呼ぶの、やめてくださ~い!!どきっとします。∑(゚Д゚)

・そんな遠慮せずに、「テクニック」、教えてください!24日に来てくださるの、手ぐすね引いて待っていますからね~。

あと、日本では、オーガニック(有機)製品が、手に入り難い、という点ですが、調味料だとか、穀物だとか、日持ちするものは、ネットショップで、入手可能でしょ?一番の問題は、野菜・果物類では?

EWGという団体が、アメリカでの、各種野菜への残留農薬量を分析して、「Dirty 12:一番残留量の多い野菜・果物12」と、「Clean 15:クリーンな野菜・果物15」を、毎年、発行されています。

・2012年のDirty 12:りんご、ピーマン、ブルーベリー、セロリ、きゅうり、ぶどう、レタス、ネクタリン、桃、じゃが芋、ほうれん草、苺

・2012年のClean 15:アスパラガス、アボカド、キャベツ、キャンタロープ・メロン、とうもろこし、なすび、グレープフルーツ、キウイ、マンゴ、マッシュルーム、玉ねぎ、パイナップル、グリーンピース、スイカ

「Dirty 12」は、オーガニックものにすれば、80%は、残留農薬を避けられるそうです。アメリカでのデータではありますが、参考になるか、と思うんですよ。

★最後に、「24日の授業」ですが、基礎篇ではなくて、新シリーズ、「テーマ別トーク」の初回トライアルです。「婦人科系の症状や病気の、予防・サポート法」をやります。

新たな試みということもあって、今まで、自宅塾に、既に来てくださっている方々にだけ、ご案内しました。

この日のトライアルで、感触を掴んだ後、参加者の方々のご意見に耳を傾け、もっともっと深い内容にしていくのか、それとも、さらっとやるのか、等々、今後の方針を決めたいと思っています。

そして、基礎篇ではカバーできていない、「栄養セラピー」にぐっとフォーカスした、新シリーズを、来年から、本格的にスタートするつもりです♪

【関連記事】

ロンドン全域(フィンチリー、イーリング、グロスター・ロード、ドックランド、ハムステッド等)、ロンドン郊外(キングストン、リッチモンド、ステインズ、ウインブルドン、ブラックネル等)、ロンドン圏外(バーミンガム、ケンブリッジ、ブライトン、シャフツベリー、スコットランド、ドイツ等)からも、お越し頂いています。

コメントは受け付けていません。 | 作成者 : キンロス一美

2012年11月20日

カテゴリー:生徒さん・患者さんのご感想

●「お菓子やパンを適当に口に放り込んで」っていう雰囲気、すっごく判る!!

こんにちは。自然療法の栄養セラピスト、キンロス一美(Kazumi Kinross-M, BA, Dip.CNM)です。

今回は、東京でのセミナーにお越しくださる、MIさんの声を、紹介します。

セミナーに申し込んだのは、

「一生、太らないし、成人病にもならない体が、手にはいります。」

これ、まさに今知りたい!と思ったからです。

昨年の春に初めて出産しまして、現在娘は保育園、私は自宅でフリーランスのWebデザイナー(兼、仕事は少ないものの、絵本のお話作家も)をしていて、仕事が忙しいと、お迎えの時以外は、外に出られなくなるのが、ストレスです。

自分一人の昼間は、お菓子やパンを適当に口に放り込んで、お昼代わりにしてしまってます。

まだ授乳中なので、それをいいことに口寂しくなると食べるくせがついてしまって、気付くと身体がみしっと重くなっていました。

「このままじゃいけないよな~」

とは思うものの、日常の料理は行き当たりばったりです。

甘いものも、なかなかやめられず…。

フェイスブックで、友人のところから、佳豆美さんのところに飛んで行き、ブログにたどりつきました。

何気ない記事もおもしろくて、読むのを楽しみにしていたところでした。

そんなところに、今回のセミナーのお知らせは、知りたかったことばかりでした。

それと、

新しい知識にふれたい、

日頃お会いしたことのない人とも出会う機会がほしい、

(要は、なにか刺激がほしい!)

という気持ちもあります。

★MIさんへの、私からのお返事です。

・仕事が忙しい
・自分ひとりだけ

っていう、二条件が揃うと、昼食は、「ま、いっか系」になってしまいますよね。

「お菓子やパンを適当に口に放り込んで」っていう雰囲気、すっごく判る!!

ただ、うちは、夫が弁当を持って行く(嫌がるのを、無理矢理、押し付けてる訳では無いですよ!持って行きたい、と言うんです!!)ので、一緒に私の分も作って、それを食べることに、しています。

味見も出来るし、一石二鳥♪

でも、つい先日まで、長期出張で、夫不在。

・・・となると、弁当を作らないので、昼食、困窮しました!

どうせ一人だものね、それに、一食抜いても、どうってことないし、なぁ~んていうマインドになるし。

しかし、これではイカン、と自分を叱咤激励して、ちょちょっと作るようになりました。残り物の寄せ集めみたいな感じかな。

恥を忍んで、じゃあ、ある日の「ちょちょっと昼食」を、見せましょうか?$自然療法の栄養セラピー。自分に合った食べ方を見つけて、病気知らず!

・玄米蓮の実ご飯:たまたま玄米で、たまたま蓮の実が、入っています。一回当り、二合炊くと、一人だと、2.5日分は、ある♪(写っているのは、前日に炊いたもの。)

*ゆで卵(茶色いのは、醤油)

*セロリ&若布(&チリ少し)を、塩味でサッと蒸し、オリーブ油を絡めたもの

*人参とパースニップ(砂糖人参。牛蒡が無いので、その代わり)のキンピラ

・プチトマト:温室で、今頃、真っ赤になってるのを。。

(作ったのは、*の3品を、同時進行で=15~20分。)

えぇ~、こんなん食べてるのぉ~って、がっかりさせたら、すみません・・・。

これでも、自分としては、なかなか考えられた、一人昼食、なんて、悦に言っておりますのです。。(^▽^;)

そうそう、私、卵、食べるんですよ。一週間に一個、とか、そんなレベルですけれど、蛋白質源として、かなり便利な素材なので、常食しなければ、問題無かろう、と思っています。但し、フリーレンジ(放し飼い)ものです。

セミナーでは、じゃあ、一人ランチを、手間をかけずに、どう工夫するか、のヒント、出しますね。簡単なことですので。

それでは、お目にかかるの、楽しみにしています。

・・・授乳中なのに、来てくださるんですね・・・お子様に、ママに楽しんでもらうように努力するので、我慢してね、と、くれぐれも、よろしくお伝えください。^^

【関連記事】

ロンドン全域(フィンチリー、イーリング、グロスター・ロード、ドックランド、ハムステッド等)、ロンドン郊外(キングストン、リッチモンド、ステインズ、ウインブルドン、ブラックネル等)、ロンドン圏外(バーミンガム、ケンブリッジ、ブライトン、シャフツベリー、スコットランド、ドイツ等)からも、お越し頂いています。

コメントは受け付けていません。 | 作成者 : キンロス一美

2012年11月17日

カテゴリー:生徒さん・患者さんのご感想

●私の醸し出す雰囲気は、○○系!

こんにちは。自然療法の栄養セラピスト、キンロス一美(Kazumi Kinross-M, BA, Dip.CNM)です。

さて、私がやっている「自宅塾」は、実は、料理教室という訳では、ありません。はっきり言って、私、料理上手では、決して無いです!正式に料理を習ったことも、ありません!

正確には、料理教室に行ったことは、この長い、57年間に渡る人生の中で、たった二度ほど、あるんです。でも、気がつけば、キャベツ刻み係をやってたり、皿洗い係になってたりで、楽しくなかった。

(T_T)

その結果、てきとー料理しか出来ない、「料理教室トラウマ女」です。

だから、料理教室なんて、そのような、おこがましいこと、出来かねますし、出来ません!!

では、自宅塾は、一体何なのか、というと、

「病気にならない為の、美味しく・楽しく食べる方法」

を、具体的にお教えする教室です。

レクチャー主体ですが、内容を、もっと良く判っていただく為に、テーマに合った料理のサンプルは、お出ししています。

え?!ひょっとして、世間では、こういうのも、料理教室と言う、のかな?????

だとすると、ひえ~、、、料理の腕を、磨かねばならないぞぉ。(゚_゚i)

そんな、冷や汗が出るような、読むだに照れくさい、自宅塾への感想を頂いてしまいました。

◇FNさんからのメッセージです。

先日は本当にありがとうございました。

本当に目からうろこでした。

早速今週は、ハーフタームで主人がお休みなので、がんばって、プチマクロビしてます。

材料がない時は、トマト缶や出汁のもとや、なすびなんかも使ってますが・・・。はは。

この前教えていただいた、お寿司や、グラタンも作りましたよ~。主人にも好評でした。

始めてたった4日ですが、気付いたのは、玄米って噛めば噛むほど味がでておいしいということと、そして、もうひとつは、今までと嗜好がかわってきたかなと思いました。。。

たとえば、いつもハーフタームの時は、大好きな飲茶にいくのが恒例なのですが、今回は、いつもよりもなんだか味気なく感じました。他の甘いお菓子なども同じです。

主人も同じことをいっていました。

おもしろいですね。(今日のハロウィーンパーティで食べたクリスプスはまだおいしかったですが・・(笑))

できる範囲でゆるマクロビ生活続けていきたいねと話しています。

今まで行った料理教室の中で一番勉強になって、そして、自分に合っていたと思えた料理教室でした。

きんろすさんがかもし出す、○○系の雰囲気も好きでした!

★FKさんへの、私からのお返事です。

Fさん、その調子、その調子!

ご主人と二人三脚みたいなペース、理想的です♪

もし、ご主人が、抵抗を示されたら、ごり押しせず、

「一歩進んで二歩下がる。その後また、気付かれないようにして(!)、一歩進んで、様子を見る。」

みたいな感じで、焦らず、歩んでくださいませ。

もし、行き詰ってしまったら、ご相談くださいね♪

★では、ここで、ブログをお読みいただいている方に、クイズ♪

Q:FKさんがくださったメッセージで、私が醸し出す「○○系の雰囲気」とは、次のうちの、どれでしょうか?

1)お笑い系
2)セレブ系
3)働きマン(ウーマン)系
4)癒し系
5)その他(詳しくご記入ください:            )

答えは、敢えて書きません。ふふ、意地悪?!そうか、じゃあ、意地悪系、っていうのも選択肢に入れておけば良かったかな^^

知りたいですか?

 

 

 

 

じゃあ、仕方ない、お教えいたしましょう。

な、なんとなんと、正解は、

2)セレブ系

はは、嘘ですよ!!

真の正解はね、これまた、なんとなんと、な

4)癒し系

きっと、1)お笑い系か、未だに、前職を引き摺って、3)働きマン(ウーマン)系、って思いませんでしたか?

癒し系だなんて、言っていただいたの、生まれて初めてなので、興奮してしまいました・・・あ、真の癒し系になるには、興奮なんて、禁物ですね。

いつも、穏やかに、そして、慈母観音のように、笑みを湛えておらねば、ならぬ。。

あ、そういう言い方も、変えないと。

もとい!

いつも、穏やかに、そして、慈母観音様のように、笑みを湛えていないと、いけませんわね。

はい、じゃあ、暫くは、癒し系を目指してみます!

日本でのセミナー(大阪12月1日、東京8日)でも、癒し系として、登場いたしましょう♪

※注:かなり忘却力に優れるため、日本に着くまでに、自分が癒し系を目指している、というのを忘れ、ついつい、本性である、お笑い系に、すっかり戻ってしまっている可能性、大です。。ご注意ください。^^

【関連記事】

ロンドン全域(フィンチリー、イーリング、グロスター・ロード、ドックランド、ハムステッド等)、ロンドン郊外(キングストン、リッチモンド、ステインズ、ウインブルドン、ブラックネル等)、ロンドン圏外(バーミンガム、ケンブリッジ、ブライトン、シャフツベリー、スコットランド、ドイツ等)からも、お越し頂いています。

コメントは受け付けていません。 | 作成者 : キンロス一美